2007年08月04日

歌は世につれ、世は歌につれ

○YUIの「CHE.R.RY」はなんていい曲なんだろう。聴くたびに泣きそうになる。今の所、今年のベスト1。

○阿久悠さんが作った曲の中で個人的には阪神大震災のチャリティシングル、平松愛理「美し都〜がんばろや we love KOBE〜」が思い出深い。

この曲を聴くとあの頃を思い出すし、神戸の曲が一つ増えたのも嬉しかった。

あとは堺正章「街の灯り」、和田アキ子「あの鐘を鳴らすのはあなた」、西田敏行「もしもピアノが弾けたなら」が好き。

○『COKE+iTunes』キャンペーンはかなり当選確立が高くて面白い。

今までに当選コードで
みつき「ひとつだけ」
MONKY MAJIK「空はまるで」
エイジアエンジニア「TOKYO7」をダウンロード。

iPodも当たるといいな。
posted by 青木杉匡 at 15:06 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 君にだけわかる言葉

2007年07月30日

朝青龍は帰ってくるな

疲労骨折で巡業を休んでいた朝青龍が、中田のヒデとサッカーをしていたことはご存知の通り。

ネットによると今日帰国するみたいだけど、どんな顔して帰ってくるんやろ。僕は密かに、朝青龍が約束ブッチして帰ってこなかったらおもろいと思てる。

そうなったら高砂親方はクビにするって言うてはるから、横綱も廃業せざるを得んよ。

今やから言うんやけど、どう見ても朝青龍って横綱の器や無いよ。外国人やからって、あの口跡は許されるレベルやないしトラブルが多すぎ。

さて、どうなりますか?
posted by 青木杉匡 at 18:35 | 兵庫 ☁ | Comment(1) | TrackBack(1) | 君にだけわかる言葉

2007年07月28日

ホームヘルパー2級養成講座、修了

先週の土曜日に無事、ホームヘルパー2級養成講座を修了しました。

僕も、これで晴れてホームヘルパーの仲間入りです。始めたときは自分に出来るかどうか不安で不安でしょうがなかったんですが、素敵な仲間にも恵まれて、講習中は嫌な思いもせずに済みました。

少し辛かったのが、実習体験。昨日NHKのニュースで紹介されていた『ジョブシャドウ』そのもので、職場で働いているヘルパーさんや介護士さんの仕事ぶりを徹底的に見るという事だけしか出来ませんでした。

卒業式では修了証書を受け取り、講習生の皆さんと記念写真を撮りました。講座を受けた全員が合格だったのもすごく嬉しかったです。一人だけ卒業式に欠席されていたのが残念でしたが。

その後、お茶とケーキを頂きながら講座の感想を発表です。上がり症の僕はすごく緊張しました。

卒業式の後は講習生の皆と場所を移して、打ち上げ会を開きました。
普段出会う機会の無い年代の方たちと触れ合うことが出来て、とても勉強になりました。

ただ、今のところは自分のお店があるので、どこへ勤めるか等は全く決まっていません。これからが本番です。

新聞を読むと、今の福祉に携わる業務形態ってかなり厳しいみたいです。仕事がきつくてやめていく人もかなりいるとか、業務に見合った賃金が支払われていないとか。職業病ともいえる腰痛も大きな問題みたい。

また不安病が出てきそうですが、せっかく取得したこの資格を無駄にしないようにしたいと思います。
posted by 青木杉匡 at 14:39 | 兵庫 ☀ | Comment(1) | TrackBack(1) | 君にだけわかる言葉

2007年07月24日

『マグロ女』って!

コンビニで漫画雑誌を立ち読みしてたら、『マグロ女』って文字が目に飛び込んできました。

安藤沙耶香さんのキャプションだったんですが、いくらなんでも『マグロ女』って。見てて可笑しいような、恥ずかしいような変な気持ちになりました。

女性を「マグロ」と呼ぶ時は、アレの意味以外ないですよねえ、アレ。

きっと沢山の人が関わっているだろうに、誰も指摘しなかったのかなあ。

それとも最近じゃ「マグロ」って言わんのじゃろか?

それにしても今朝は久しぶりに晴れ渡って、見事にばらけた青空でした。
とっても気持ち良かったです。
posted by 青木杉匡 at 18:00 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2007年07月15日

あんなに愛しあっていたふたりなのに

○とうとう別れちゃった。

長瀬智也と浜崎あゆみ。

なんか似合いの二人だから応援してたのに。

あんなに愛しあっていたふたりなのにね。

○久坂部羊『廃用身』読了

「廃用身(はいようしん)」とは「脳梗塞などの麻痺で回復の見込みがない手足」を指す医学用語。

ホームヘルパー養成講座に通っているぼくにはすごく興味深い小説だった。患側の手足を切断し、介護の負担を楽にする療法を『Aケア』と呼び、次々に患者の手足を切断していく過程を読んでいると、本当に『Aケア』が素晴らしい発明に思えてくるから怖い。

神戸在住のぼくが日頃から通っている場所や地名がバンバン出てくるのも親近感が湧いた。

○ubuntuに慣れてきたので、インストールしたけどほとんど使っていなかったVistaRC1を削除。
posted by 青木杉匡 at 17:34 | 兵庫 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2007年07月10日

ひょっとしてロボット?

○参院選目当てなのか、近所のおばさんが聖教新聞を入れてくるようになった。創価学会にはなんの興味もないぼくには聖教新聞はテレビ欄しか見るものはない。

それにしても池田大作さんって感情が乏しいのか、どの写真でもおんなじ顔してる。ひょっとして精巧にできたロボットなんじゃないかと思ってしまう。

○いま話題のシッパーを試した。シッパーはモスバーガーで販売しているストローのこと。ストローの中にチョコやイチゴの顆粒が入っていて、これで牛乳を飲むと、顆粒が溶けてただの牛乳がイチゴ牛乳やバナナミルクになる。

ぼくは3種類のうちチョコレートを試したんだけど、うん、美味しい。子供が好きそうな味。一気に飲まないで、顆粒を溶かしながらゆっくり飲むのがコツ。

○HIROMIXのCD『Hiromix'99』を聴いた。顔に似合わず、すごく可愛い歌声。もちろん素人だから歌はへたっぴ。でもそこが良い。

HIROMIXは10年くらい前にかなり話題になった写真家。今でいうなら綿矢りさみたいなもんかな?

最近全く彼女の名前を聞かないけどどうしてるんやろ。
posted by 青木杉匡 at 18:08 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2007年07月05日

ubutu、インストール成功しました

○映画『新世紀ヱヴァンゲリヲン』の公開に合わせてUCCが始めた「人類補缶計画」のヱヴァ缶を買う。

ぼくが住んでる神戸の会社なのに、UCCコーヒーを飲むのは本当に久しぶり。7、8年ぶりくらい。UCCミルク&コーヒーはコーヒーにあってコーヒーに非ず。『UCCミルク&コーヒー』っていうジャンルの飲み物だと思う。

エヴァはグッズやフィギュアを買ったりはしないけど、かなりスキ。映画も見に行こう。

○今まで何回か挑戦してきたubuntuのインストール成功しました。ISOイメージだとかパーティションの分割だとか、理解出来ないことが多くて何度も挫けそうになったけど、無事起動出来たときはすごく嬉しかった。
posted by 青木杉匡 at 18:41 | 兵庫 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2007年06月23日

『セクシーボイスアンドロボ』Last Voice

とうとう終わっちゃいました、『セクシーボイスアンドロボ』。

なんかすごくもやもやしたものが残ったエンディングでした。
確かにああいう別れ方ってあるけど、無理矢理二人の関係を壊す事ないじゃない。

悲しいって言うか、なんか悔しい。

夜空を見上げるロボを見てたら、泣きそうになったよ。
このまま二人の友情が続いていくと思っていたから、かなりショックです。

いつかニコとロボが急接近する日が来るまで、この気持ちって多分ずっとずっと消えないで魂の端っこにぶら下がってるんだ。
posted by 青木杉匡 at 00:00 | 兵庫 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2007年06月08日

夏日憂歌(なつじつゆうか)

あ〜、もう全面的に夏だあ。

うちの店の隣の天麩羅屋さんが一年中風鈴を軒下に飾ってて、さすがに真冬は場違いで浮いててたんだけど、最近は風鈴の音が耳に涼しい時もあったりして、風鈴も嬉しそうに体を揺らしています。

蚊もチラホラ出てきていて、早速咬まれました。切れていたキンカンを買ってきて塗っています。

昨日家に帰る時、町中に夏の匂いがあふれていました。久しぶりの匂いを胸いっぱい吸い込み、ゲイシャガールズの『少年』を鼻ずさみながら帰りました。

SMAPの『夏日憂歌』は「サマータイム・ブルース」と読むのが正しいタイトルだそうで。王様なみの直訳!

でも僕は頑固に「なつじつゆうか」って読んでます。「なつじつ」って響きが好きだし、「サマータイム・ブルース」と聴いたらRCサクセションやエディ・コクランの曲を連想するから。

誰がなんと言おうと『夏日憂歌』は「なつじつゆうか」です。
posted by 青木杉匡 at 17:14 | 兵庫 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2007年06月02日

『監督・ばんざい!』は???の嵐でした。

昨夜は北野武監督の『監督・ばんざい!』の試写会へ行ってきました。

正直な感想ですが、はっきり言ってよく分かりませんでした。僕は今までこれほど中身の無い映画を見たことが無いです。

感動はしないけど、退屈な映画じゃない。ギャグがあちこちに散りばめられてるけど、僕の感性には合わない。でも、詰まんないってわけでもない。

ストーリーは有ると言えば有る。無いと言えば無い。

見終わった後は、狐につままれたような気持ちになりました。確かに映画を見たんだけど、具体的に何を見たのかが思い出せない。

ただ断片的に強烈なイメージが残っているだけ…。

そんな感じです。

ただ『監督・ばんざい!』を見て情報量の多さやギャグの発想を見て、改めて北野監督のパワーには圧倒されました。僕は、TVタレント「ビートたけし」はとうの昔に寿命切れだと思っていたので、かなり意外でした。

この『監督・ばんざい!』も北野映画に共通している「死」の匂いが全編に流れています。監督の分身でもあるタケシ人形があらゆる場面で死んでいく。ラストもかなり大きな「死」が待っている。これを見ると「やっぱり北野監督には自殺願望があるのかな」と考えてしまいました。

今まで味わった事がない感覚を味わいたい人はどうぞ。

banzai

監督・ばんざい!@映画生活
「監督・ばんざい!」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
posted by 青木杉匡 at 10:50 | 兵庫 ☁ | Comment(1) | TrackBack(5) | 君にだけわかる言葉

2007年05月29日

第一回実習終了。

昨日、今日とホームヘルパー2級養成講座の実習でした。

実際の利用者さんの家へホームヘルパーさんと同行させてもらい、どんな仕事をしているのかをじっくりと勉強しました。

僕自身はまだ仕事は出来ませんが、少しだけ掃除を手伝わせてもらいました。

僕は関西弁で言うところの「緊張しい」なんで、精神的にめちゃくちゃ疲れました。緊張すると異常なくらい汗をかくので、Tシャツがビチャビチャになり、あちこちに力が入って体も少し痛いです。

どんな人に当たるか心配でしたが、ヘルパーさんも利用者さんも皆さん、優しく接していただきました。

この次は6月に入ってからなので、少しゆっくり出来ます。
posted by 青木杉匡 at 18:51 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2007年05月25日

『文七元結』でも聞かなきゃ、やってられないよ。

悲しいニュースを聴かない日がないくらい、毎日毎日残酷な事件が続いています。

僕の心までヒンヤリと冷たくなっていくのが嫌だったので、昨日はTSUTAYAで古今亭志ん朝さんの『文七元結』とお父さんの志ん生さんの『寝床・居残り佐平次』を借りてきました。

『文七元結』は有名な人情噺ですが、今まで聞いたことがありませんでした。大名人、志ん朝が遺した一時間を越える名演を聴いて人生の機微をじっくりと味わいたいと思います。

一方、志ん生の『寝床』も小林信彦さんが書かれたエッセイを読んで以来ずっと聴きたいと思っていた一席です。

どんなお話なのか、こちらも楽しみです。
posted by 青木杉匡 at 18:29 | 兵庫 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2007年05月23日

『セクシーボイスアンドロボ』Voice7☆放送自粛を考える

日本テレビのドラマ『セクシーボイスアンドロボ』は毎週楽しみにしていて、今はこれを見るために生きているといってもいい。

正直、全てのエピソードが気に入っているわけじゃないけどロボとニコを見ているとすごく幸せな気持ちになれます。

知っている人も多いだろうけど、昨日のVoice7は都合により放送が見送られました。男がファミレスに立てこもるといったあらすじで、愛知県で実際に起きた事件を連想させるからというのがその理由です。

愛知の事件では僕よりうんと若い方が亡くなられました、まだ産まれたばかりのお子さんを遺して…。それを考えると、どうして犯人がのうのうと生き続けているのか不思議です。投降してきた時に撃ち殺せば良かったのに、なんて今の日本じゃ許されないんですよね。理不尽だけどしょうがない。

僕は日本テレビの対応をうんぬんする気はありません。当然の処置だと思います。

ただ、いつの日かVoice7が放送される日が来る事を静かに願っています。
posted by 青木杉匡 at 18:13 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2007年05月21日

28日から実習です。

19日はホームヘルパー2級養成講座の試験でした。これは今までの講義をきちんと学習できているかを見極める試験で、これで講義&実技が無事終了です。

その日のうちに追試がある人は連絡が来るとの事。僕の所には連絡がなかったので、どうやら試験はパスしたみたい。

28日からは、いよいよ実習に入ります。

とはいえ正式な免許を持っていない人間があれこれする訳にはいかないから、施設やヘルパーさんについていて見てるだけになりそうな感じ。

実習に入ったらかなり感覚が空くので、このブログも前のようにダラダラ思ったことを書くスタイルに戻そうかな、なんて。
posted by 青木杉匡 at 18:32 | 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2007年05月15日

今夜はニコとロボに会える!

昨日の続きです。

12日の午前の講義は『清拭』でした。『清拭』を簡単に言うと、お風呂に入れない利用者さんの体を拭くこと。

実技は受講生が代わりばんこでモデルを務めるんですが、僕が受講しているところは受講生20人のうち、男性が4人しかいないんです。

『清拭』は利用者が上半身裸になっての実技。女性がモデルをするわけにはいかないので、今回は4人の男性が大モテでした。

先生のデモをするモデルを選ぶときには受講生の目が一斉に僕のところへ。あんなに沢山の女性から見つめられるのは久しぶり。なんか焦りました。

皆が見ている前で上半身裸になるのは男の僕でもかなり恥かしかったです。あまり見せられるような体じゃないんで。

先生の清拭は当然ながら、すごく気持ちよかったです。
posted by 青木杉匡 at 17:33 | 兵庫 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2007年05月14日

内心ヒヤヒヤ

12日の土曜日のホームヘルパー2級養成講座は『清拭』『入浴介助』を勉強しました。

実はその日は夕方から仕事のほうの総会があり、青年部長に就いてる僕は一年の活動報告をしなければならず、また司会を任されていたので絶対に欠席は出来ません。

一方、講座のほうも実技は補習が出来ず早退も原則認められないといった状況。

講座日程を見ると終了時間が午後4時、総会の開始時間が4時半。もう一ヶ月近く前からこの事ばっかり考えてばかりでした。

当日は総会の為にスーツを着ながら「もう無事に帰ってこられないんやないか」って、部屋の景色を目に焼き付け家を出ました。

大げさに思われるかもしれないけど、これ、普段と違うことがある時は必ずやって出ます。全てが無事に終わって、家に帰ってホッとしている所を思い描きながら…。

で、

入浴の介護は実技をする事が難しいと言う事で「テキストを見ながらの説明」と「病院のお風呂を見学」で講義が終了し、結局は想像以上に早く終わり何事もありませんでした。講義も総会も。

決死の覚悟で「早退させてください」って事務局の人に言ったし、他の受講生の人たちにもいろいろ心配かけてしまったんですが、本当に上手く事が進んで良かったです。

この日が養成講座で精神的に一番ハードな日になりました。

午前の講義の『清拭』で、僕がモデルになり皆の前で上半身裸で清拭をされた話はまた日を改めて。
posted by 青木杉匡 at 17:58 | 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2007年05月10日

「見る」と「する」とじゃ大違い

今日はゴールデン・ウィークをはさんで約2週間ぶりのホームヘルパー2級養成講座でした。

今日の講義内容は衣服の着脱と食事介助です。午前中はいわゆる寝巻きからパジャマの着替えをしたり、してもらったり。

先生が見ている前での実技だったので、メチャクチャ緊張しながら着替えの介助を行いました。当たり前だけど初めての事だったので戸惑いました。

その後、ベッドのシーツ交換。先生があまりにも簡単に交換するので実際にしてみたら、アチコチにしわが…。ホント難しいです。

午後は食事介助を勉強しました。

寝ながらの食事は「飲み込み」が難しく、美味しく感じられませんでした。

水分にゼラチンを混ぜてゼリー状にしたものも飲んだ(食べた?)んですが、こちらは更に不味いものでした。やっぱり水分はゴクゴクと飲み干す快感がほしいです。

そのあと試験の為の予習を皆でしたんですが、はっきり言って全く自信がありません。もう補講を受ける覚悟で望みます。
posted by 青木杉匡 at 18:24 | 兵庫 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2007年04月28日

介護実技2日目。

今日のホームヘルパー養成講座は『洗髪』と『排泄・尿失禁の介護』でした。

午前は介護用パンツの実技。自分で体験した時は一枚だけだったんですが、実技の時は尿取りパッド・オムツ・オムツカバーと三枚を着けるのでかなりごわごわしました。

班ごとに分かれての実技でしたが、僕以外は女性だったので着用の実技はパス。慣れれば気にならないんだろうけどやっぱり恥かしいです。

午後はベッドの上での洗髪体験。新聞とタオルを巻いて首当てを作り、新聞と大きなゴミ袋を下に敷き髪を洗ってもらいました。

寝ながらの洗髪はもちろん初体験。緊張しながら洗髪してもらいました。それでも、他人に髪を洗ってもらいすごく気持ちよかったです。

次は攻守交替?で僕が洗髪をする事に。

僕が洗わせてもらった女性は短髪なので、わりと楽に洗えましたが後頭部はちょっと苦労しました。
posted by 青木杉匡 at 17:21 | 兵庫 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2007年04月25日

いよいよ明日から実技講習です。

ホームヘルパー2級養成講座は明日から実技講習です。

今までテキストを基に先生の講義を聴く講義だったので、正直途中で眠くなる時がありました。眠い(睡眠)

特に介護の歴史や医学の専門的な講義は辛かった。(先生ごめんなさいもうやだ〜(悲しい顔)

明日からは場所を変えて実技中心の講座。上手く出来るかなあ。がく〜(落胆した顔)

昨日は一週間のお楽しみ『セクシーボイスアンドロボ』がありました。

ネット上では「最悪」と「最高」の両極端な意見があるけど、僕は後者です。ビデオに録って、テープから煙が出るくらいリピートしています。なんか心に引っかかるんやよ。
posted by 青木杉匡 at 17:56 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2007年04月22日

オムツ体験をしました

昨日のホームヘルパー養成講座は、証明書用の写真を撮りました。

午前の授業は報告書の書き方、午後の授業はヘルパーの書職業倫理。

昨日で講義は終了、来週からはいよいよ実技に入ります。
講座も疲れるけど、実技もかなり大変そうなので今から不安です。

講義は午後3時でサクッと終わったんだけど、昨日は本業のほうの理事会も開催されたので、落ち着く暇もなくすぐさま元町へ直行です。

家に帰ってから、配布された「介護用パンツ」いわゆるオムツをはいてみました。これはどこのヘルパー講座でもやってるんかな?

実際に着けてみると、吸水パットがモコモコしてて、ちょっと違和感。布団に入ると、想像以上に暑いです。蒸れる感じが不快でした。

寝たままでオシッコをしてみようと思ったんですが、なかなか出ない。頭では理解出来ても、体が拒否したようです。その夜はオムツを着けたままで就寝。

今朝はトイレに行って、オムツの中にオシッコをしました。ぜんぶ吸水パットに染み込むのかと思ったら、濡れた感じがいつまでも残りました。これは敢えてそうしているのか、僕のオシッコの量が多かったのか…。

でも『これも勉強だ』と思い、30分位そのままでいました。股間が温かくて、ジメジメした感じ。これは体験しないと分からないものでした。

これを知ってるのと知らないのでは、介護に対する想いがかなり変わるんじゃないかと思います。

貴重な体験をさせてもらいました。
posted by 青木杉匡 at 10:42 | 兵庫 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。