2011年12月29日

iPod nanoが戻って来ました。

僕が持っているiPod nanoは第1世代のものです。以前からバッテリーの不具合が指摘されていました。この度ようやく交換に応じるというアナウンスがされたので修理に出しました。しばらく時間がかかるという事だったので、僕は26日くらいに届くと予想していました。

《クリスマスプレゼントにまだ間に合うからもらっとくよ》

ジッタリン・ジンの「SINKY-YORK」を鼻歌で歌いながら、のんきな気持ちで待っていたんですが、今日アップルから届いた宅配便を開けてみると見たこともないiPod nanoです。

「いや、違います。この子は私の子じゃありません」

まるで、映画『チェンジリング』のアンジェリーナ・ジョリーのような心境になりました。僕はてっきりバッテリーを交換した自分のものが戻ってくると思っていたんですが、箱の中に入っていたのはニューエスト・モデル第6世代8GBのiPod nanoでした。

容量も増え性能も上がったのでそれはそれで有難いんですが、元々のiPod nanoに沢山の思い出があったし、クリクリ回すホイールが気に入っていたので複雑な気持ちです。

なんか年末に愚痴ばかり言ってるなあ。
posted by 青木杉匡 at 12:38 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2011年10月06日

R.I.P

「もし僕が世界を変えることが出来たなら」

そんな事を夢想するだけで実際は何も出来ない僕だけど、彼は本当に世界を変えたのだ。

偉大なるクリエイター、スティーブ・ジョブズ氏に心からの感謝とリスペクトと哀悼を込めて。

R.I.P

Steve Jobs 1955-2011
posted by 青木杉匡 at 11:59 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2011年09月29日

淀川のジオキャッシング その2

矢倉緑地でこんな公衆電話を見つけました。

huku 022.JPG
東日本大震災で改めて公衆電話の重要性が認識されましたが、これからも撤去の方向性は続くんでしょうか?そうそう、以前に電話ボックスに隠されたキャッシュを2個ほど見つけたことがありました。あれもいずれは無くなるんだろうか。

矢倉緑地からまた、淀川沿いを福駅方面に戻ります。

huku 014.JPG
神戸に住んでいるせいか、こういう風景を見ると無意識に潮の香りを嗅いでしまいます。全然あの香りがしないので、ようやくここが淀川だと納得。

なんて感じで、風景を見ながらしばらく歩いて歩いて歩いて、歌島橋の近くにある「How about Foot Massage?」に到着。周りに小さな子供を連れたママさんたちがいましたが、キャッシュはEureka!

huku 031.JPG
キャッシュ名の由来は公園によくある石や竹を並べた道を歩くと足つぼマッサージが出来るというアレです。”How about Foot Massage?”とお薦めされたので、靴を脱いで歩いてみました。

が、あまりにも痛いのですぐにリタイア。情けない!

次のキャッシュは小さな神社のそばにある「Bride of the Spirits」。Eureka!

そこから更に淀川まで歩いて移動。「Yodogawa River at Tsukamoto」は文字通りJR塚本駅のそばにあるキャッシュ。足場が悪くて取り出すのに苦労しましたがEureka!鉄道橋のそばにあるキャッシュで、電車が通る度に橋全体が吠えるような走行音を出していて迫力がありました。

huku 040.JPG
ルアーのトラベルバグ『Fishy』が入っていたのでGET。

予定では阪急の十三駅までジオキャッシングするつもりだったんですが、もう歩きっぱなしで足がクタクタです。到底無理だと諦めて塚本駅で帰神しました。

今回は6個全て見つける事が出来ました。惜しいなあ、あと一つでエウレカセブンだったのに。とはいえ、エウレカセブンがなんなのか良く知らないんですが…
posted by 青木杉匡 at 17:38 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2011年09月24日

淀川のジオキャッシング その1

23日は大阪の淀川沿いのジオキャッシングをしてきました。

まずは三宮から阪神電車に乗って福駅へ。とても縁起の良さそうな名前の駅です。実際は小さなかわいい駅でした。改札を抜けて最初の目的地である「Sui-bou-hi at Hukumachi」まで歩きます。

huku 009.JPG
Eureka!今年に関して言えば「災害は忘れる間もなく やってくる」です。誰かが、今年の漢字は「災」以外有り得ないと言っていました。でもウィキペディアを見ると「災」も「震」も既に選ばれているます。2回選ばれることって有るんだろうか?少し早いかもしれないけど僕だったら「涙」かな。今年に入って悲しいニュースしか見ていないように思う。有名人の訃報も多いし。

それにしても、このキャッシュの周りはゴミが目立ってました。あまりひどいのでCITOをしました。

huku 007.JPG
CITOは"Cache In Trash Out"の略語で「キャッシュを置いて、ゴミを持ち帰ろう」はジオキャッシングの基本的なポリシーの一つになってます。

そこから40分ほど歩いて「Sun and Sea Breeze」へ移動です。地図で見るとそんなに離れていないように見えましたが、かなり遠かったです。

huku 011.JPG
Eureka!対岸には海遊館のそばにある観覧車が見えました。

そこから、また少し歩いて矢倉緑地に移動して「Yagura-ryokuchi」を探します。

huku 020.JPG
Eureka!バードウォッチングができるように覗き穴が作られていましたが、僕が覗いた時は一羽も見ることが出来ませんでした。残念。
posted by 青木杉匡 at 16:32 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2011年08月05日

ジオキャッシング「チキンライス」1

これは、夏が来るほんの少し前の或る日のコント。

最近JR尼崎駅周辺のジオキャッシングが一新されたのを機に、ある目的のついでに何度目かの挑戦に出かけました。その目的の詳細は後ほど。記事タイトルで分かるかな。

駅を降りて最初に向かったのが「Back of signboard (Amagasaki)」。過去の挑戦者の話を聞いてみると、どうやらキャッシュを取り出すのに道具が必要みたい。ということでコレをもってきました。

ama 037.JPG
苦労しながらもなんとかEureka。

何を記念してるのか知りませんが、駅から西へ行くと尼崎記念公園です。ここには以前Kanameさんが設置したキャッシュが数個有ったんですが、全てアーカイブされました。kanameさんはもうジオキャッシングを卒業したのかな?

その代わりにkuzzirraさんとtakehideさんが設置したキャッシュが数個公開されました。

Amagasaki Memorial Park(near the parking entrance)」、Eureka。このキャッシュにはトラベルバグ《smileless03(in Japan)》を入れました。いま確認をすると、どうやら順調に旅を続けているようです。良かった良かった。

Amagasaki Memorial Park(West Entrance)」もEureka。

ama 041.JPG

このキャッシュの近くにタイムカプセルがありました。僕はタイムカプセルを見つけるとすっごくワクワクするんです。
ama 042.JPG
ググッてみると尼崎青年会議所の50代理事長、森上恒さんのブログ記事「タイムカプセル」がヒットしました。

記事を読むと手紙しか入れてないみたい。折角タイムカプセル作るんだから、もっといろんな物入れればいいのに。今更言っても遅いけど。このタイムカプセルが再び開かれるのが2019年。どんな世界になってるんだろう?

次のキャッシュは「Amagasaki Memorial Park(from another planet)」。このキャッシュの前で警察がネズミ捕りをしていたので、もうドキドキしながら探してEureka。はあ、疲れた。

実は今回、ついでにアーカイブされたキャッシュも探していました。このキャッシュの近くに面白い遊具が有って、そこがキャッシュの隠し場所になっていたんです。まあ当然といえば当然、見つけることは出来ませんでした。
posted by 青木杉匡 at 18:02 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

ジオキャッシング「チキンライス」2

次のキャッシュは「Amagasaki Memorial Park(SouthEast)」。文字通り公園の最南東端に設置されたキャッシュです。Eureka!

公園を北に進むと「Amagasaki City Memorial Park」、Eureka。このキャッシュの近くに「Amagasaki memorial Park 3」が有りました。何度も何度も探したんですが、見つけられないままアーカイブされました。

公演最後のキャッシュが「Amagasaki Memorial Park(North Entrance)」。キャッシュは上手い具合の隠し場所に有りましたが、報告にも書いたように中に水が入っていてログを書くのに苦労しました。Eureka。

これで公園を反時計回りにグルッと一周した事になります。新しく設置されたキャッシュは全て無事に見つけることが出来ました。TFTCです。

JR尼崎駅に戻って、今回の目的地に向かいます。ココエ尼崎を通り抜けて北方向に歩いて行くと尼崎市立潮小学校が建っています。正門の写真を撮りました。

ama 062.JPG

この正門、見覚えがある人もいると思います。実はここで浜田雅功さんのCD「チキンライス」のジャケットの写真が撮られました。そう潮小学校はダウンタウンの出身校です。




「チキンライス」は作詞を松本人志さんが、作曲・編曲を槇原敬之さんが担当した子供の頃の思い出を歌ったクリスマスソングで、今でも12月になるとHEY!HEY!HEY!で歌われたりするので聴いた人も多いでしょう。

この曲が作られる時に、めざましテレビで槇原さんが松本さんの詩を読んで「本当にいい詩!」と号泣しているインタビューを見て、出来上がるのを期待したんですが、実際に聞いてみるとそれほどいいと思いませんでした。

詩の内容が直接的だし説教臭くも感じました。浜田さんの歌と槇原さんのコーラスが水と油で合ってない。

じゃあ、なんで行ったのかというと、それでもたまに「チキンライス」を無性に聴きたくなる時があります。クリスマスでもない季節に、例えば立秋だというのに太陽が焼け狂った日とか。逆にクリスマスには露骨すぎて全く聴かないんですが。

遠すぎて行けない場所じゃないんだから一度くらいは見ておいても損は無いだろうという軽い気持ちで行ったんですが、実際にその場所に立ってみると、今まで写真で見ていたものが目の前に有る事に意外なくらい感動しました。行って良かったです。

これで今回のコントはおしまい。

それにしても、住所は潮江やのになんで学校の名前は潮(うしお)小学校なんやろ?
posted by 青木杉匡 at 17:30 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2011年07月20日

ジオキャッシング「ものの始まりなんでも堺」その1

3連休の中日、17日に堺市へジオキャッシングをしに行ってきました。堺市と言えば千利休、与謝野晶子、そして忘れちゃいけないのがシャンプーハットのてつじが生まれた町。なんてね。

おそらく堺で一番有名なものは日本最大の前方後円墳の仁徳天皇陵でしょう。今回はその仁徳天皇陵の周りを探しました。

また、自転車・タバコ包丁・線香・スコップなど堺が発祥のものが数多く有り「ものの始まりなんでも堺」というフレーズが堺の歴史を表しています。

難波から南海電鉄に乗って堺東駅へ。近くにあった観光案内所で自転車を借りてスタートです。最初はその観光案内所の真ん前にある堺市役所のキャッシュ「Sakai City Hall」です。

Eureka!
GC 003.JPG

最近はどこの都市も路上喫煙を禁止していますが、堺市でも路上喫煙を監視する巡回員が駅前に立っていました。その人達が僕の行動が怪しく見えるようで(実際怪しい)、こちらをチラチラ見ていてとても緊張しました。巡回員は元警察官が嘱託職員として働いていることが多いらしく、その人達も警察官だったのかも。

その次は少し離れた所にある「Border City and Oldest National Road #2」。Eureka!キャッシュの近くにある石柱が歴史の流れを感じさせます。

堺東駅を渡って「Tadeiyama Kofun」へ。Eureka!

GC 007.JPG
どこにでもありそうな町の中に、こういう古墳が鎮座する不思議な町です。

方違神社「Anti-direction Shrine」は道路沿いのキャッシュでした。Eureka。キャッシュはジオキャッシャーにはお馴染みの場所です。

ジオキャッシングを始める前はそんなもの、全く気にもしていなかったんですが、ジオキャッシングを重ねていくと、やたらソレが目につくようになりました。妊娠すると、赤ちゃんに自然に目が行くようになるのと同じ心理なのかな?

その後はもちろん方違神社にお参りしました。
GC 012.JPG
敷地内には堺市の保存樹林に指定されているクスノキが植わっていました。

次に訪れたキャッシュは「13ri Milestone for Nyonin-do Temple of Mt. Koya」。Eureka!

GC 014.JPG
設置主のenugataさんによると、13基ある道標全てが現存しているそうです。
posted by 青木杉匡 at 18:12 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

ジオキャッシング「ものの始まりなんでも堺」その2

いよいよ仁徳天皇陵周辺のキャッシュです。「Daisen Kofun #1」は正面の裏側に近い場所のキャッシュ。ここから古墳を見ると小高い山のようです。

Eureka!TFTC!『キャッシュを落とさないように』と言われると余計緊張して落としそうになりそうです。

次は何故か#2を飛ばして「Daisen Kofun #3」です。

ところで間抜けな僕はジオキャッシングを始めてから、しばらくの間Spoiler(ネタバレ)写真が有ることを知りませんでした。もう何回、上手に隠されたキャッシュを探せずに涙を流したことか…。そしてSpoilerが有ることを知った時のショックと言ったら。何故もっと早く気づかなかったのか。

Spoilerを見てしまうと探す楽しみが半減すると考えて絶対に見ないジオキャッシャーさんもいるでしょうが、僕はキャッシュを見つけられなかった時の徒労感を味わうよりは、Spoilerでキャッシュを確認して探し出すほうが100倍マシだと思います。

今回もSpoilerを見ていなかったら、見つけられなかったかもしれません。Eureka!

GC 026.JPG
キャッシュのそばの小川で撮りました。
あめんぼ あかいな あいうえお

グルッと回って正面近くの「Daisen Kofun #2」です。Eureka!大胆に置かれたキャッシュでした。

GC 029.JPG
正面から見ても小山です。あの時代に、この古墳を作るために何人の人が携わったのか考えるだけで気が遠くなります。

次に訪れたキャッシュが「Mozu Kofun Code」です。タイトルに有るように、暗号を解いてキャッシュの場所を導き出すミステリーキャッシュです。何度か挑戦したんですがチンプンカンプンでした。

ログを読むと設置主さんのenugataさんにヒントをもらった方がいて、これもSpoilerと同じようにキャッシュを見つける材料はなるべく多く持っておきたいという考えから、僕もenugataさんにヒントをもらいました。

一度糸口を見つけるとビックリするほどあっさり解けました。enugataさん、ヒントを送っていただきありがとうございました。

ところがその場所に行って探しても、それらしいコンテナが見つかりません。かなり長い間探していたらこんなモノを見つけました。

mozu kofun code 001.JPG
トラベルバグの切れ端です。トラベルバグの終焉を見たようでとても切なくなりました。もちろん持ち帰りました。

気を取り直して「Daisen Koen Park --- Sakai City Museum」へ。そばに清掃をしている職員さんがいたので、緊張しながら探したんですが見つからず。家に帰って確認すると未発見報告が続いているのでロストしているのかも。

GC 034.JPG
折角なので、堺市博物館に入館して見学と避暑をしました。
posted by 青木杉匡 at 18:10 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

ジオキャッシング「ものの始まりなんでも堺」その3

次のキャッシュは「Daisen Koen Park --- Tower of Peace」。キャッシュタイトルから分かるように大仙公園のランドマークになっている平和塔の近くに隠されていました。

GC 040.JPG
Eureka。この塔は堺大空襲などの死者、堺市の戦没者らの鎮魂を祈念し建てられたんですが、塔に登ることは出来ません。塔の前に礼拝堂があったので、僕も手を合わせてきました。

その礼拝堂にこんな貼り紙がありました。

GC 044.JPG
礼拝堂にエアガンを撃つ奴とか、広島の原爆の子の像の折り鶴に火をつけて燃やす奴らって、なんでそういうことが出来るんだろう。

どういう想いでこの塔が建てられたのか、鶴を折ったのか分からないはず無いだろう?その事を分かった上での行為は人として最低だと思う。そしてもし、分からないでやっているとしたら、そいつは最早人ですらないんだろう。

それから自転車で少し移動して「Daisen Koen Park --- Shichikannon Kofun」へ。キャッシュは座標から少し離れたところに有り、少し手間取りましたがEurekaです。

次のキャッシュへ向かおうとした辺りで、GPSの電池が切れました。ちょうど僕のバッテリーも切れかかっていたので、今回のジオキャッシングはここでおしまい。その他のキャッシュはまた今度…。

で、ここからは余談。

神戸に帰ってきたら、まず腹ごしらえ。すき家でずっと食べてみたかった「ひやし牛まぶし」を食べました。う〜ん、なんか微妙。御飯が温かいので、せっかく冷えた出汁をかけても生ぬるくなってしまうのが残念でした。思い切って出汁をシャーベットになる位冷やさないと意味ないです。これだったら前回の牛まぶしのほうが美味しかったです。

御飯を食べたらまた元気が出てきたので、神戸空港の宝探しゲームに参加しました。以前からあまり評判が良くなかった『赤い鳥』がリニューアルして更に評判が悪くなった『タカラッシュ』が開催している「大好評!神戸空港で宝探しゲーム第3弾!」です。

GC 058.JPG
途中で神戸の空にヤコブの梯子が現れました。これが今回の一番の宝物。

セカンドステップのキーワードも、なんとか見つけられ参加賞の鉛筆も頂きました。謎解きのレベルや商品から見ると夏休みの小学生向けかな。関東に比べて関西は謎解きイベントが少ないので、もっともっと増えてほしいです。
posted by 青木杉匡 at 17:53 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2011年05月27日

樋口 毅宏『民宿雪国』

水道橋博士がツイッターで大絶賛していた小説『民宿雪国』をやっと読むことが出来ました。
春の足音が聞こえてきた頃図書館に予約していたんですが、かなり待たされ水曜日に連絡を受けました。

待たされた時間は長かったのに、読む時間はあっという間で木曜日の夜には読了です。

タイトルからロードムービーのような旅先での出来事を面白く描いたコメディーだと想像していたんですが、全く別物でした。

簡単に説明をすると、幻と言われた孤高の天才画家、丹生 雄武郎(にう ゆうぶろう)の人生を描いたミステリー。これ以上は書きません。読んでください。水道橋博士が絶賛するのが分かりました。とても面白い小説です。

が、実際の事件や人物をそのまま書いてある所が沢山あって、興ざめする事も多かったです。現実の事件をモチーフにするなら折原一のようにもっと徹底的にカリカチュアして描いて欲しかったなあ。

僕は、あとがきを先に読むタイプで、『民宿雪国』もいつもと同じようにあとがきを読んで、本文を読んだらガッカリしました。内容自体にガッカリしたのではなく、あとがきに小説の核心に触れることが書いてあったから。作者が言っているように、このあとがきは不要だと思います。これから読む人は絶対にあとがきから読まないように。
posted by 青木杉匡 at 18:32 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 君にだけわかる言葉

2011年05月19日

ジオキャッシング「下鴨神社とベタな絵葉書」

地下鉄三条京阪駅で降りてレンタサイクルを借りた後、祇園界隈に行くか下鴨神社の方に行くか悩んだんですが、下鴨神社に決めました。僕の計画では下鴨神社ではジオキャッシングとお参りをした後、南下しながら鴨川沿いのキャッシュを探す事にしていました。

ところが下鴨神社に着いてみたら想像以上の人の多さにビックリしました。葵祭はもう終わっているから大丈夫だろうと思っていたんですが、考えが甘かったです。それとも、普段からこれくらい人が多いんだろうか?

Shimogamo-jinja Shrine -- Near the gate」も「Shimogamo-jinja Shrine --- Near A Bridge」も周りに参拝客が多かったので敢え無く断念しました。

糺の森の中にある「Shimogamo-jinja Shrine -- Used to be a Pond」は参道から少し外れた所にあるキャッシュだったので、どうにか人の目を気にせずに捜索出来ました。Eureka!
gc 061.JPG

説明では2個トラベルバグが入ってるはずなんですが、僕が見つけたときは1個しか有りませんでした。もうこの時点でかなり疲れていたのか、帰ろうとしてお参りをするのを忘れたのを思い出し慌てて引き返しました。

お参りを済ませたら「もう下鴨はいいや」って気になり河原町に戻りました。先斗町近辺のキャッシュも一応探してみたんですが、途中でGPSの電池が切れたので、いよいよやる気が無くなり、ここで京都ジオキャッシングは終了しました。

自転車を返した後は鴨川沿いを歩きながら阪急河原町駅に向かいました。前回、京都に来たときは運良くヤサカグループの幻の四つ葉タクシーを見ることが出来たので、「今回も」と淡い期待を持っていたんですが、さすがに遭遇する事は出来ませんでした。

途中で面白いお店を見つけました、鴨川沿いにあるスターバックス京都三条大橋店です。

gc 074.JPG

写真を見てもらえば分かりますが日本で唯一、つまりは世界で唯一川床が楽しめるスターバックスのお店です。写真に撮ってジオキャッシングのバーチャルキャッシュが独立したサイト《Waymarking》に申請しました。

バーチャルキャッシュは「ジオキャッシングに復活してほしい」という意見や逆に「実際にその場に行かなくても発見報告をするインチキキャッシャーが居る」「苦労して見つけ出す楽しみが無い」といった賛否両論があるようです。僕自身はジオキャッシングの方に力を入れていますが、そのうちWaymarkingにも挑戦しようかなと考えています。

家に帰る前にポストクロッシング用の絵葉書を河原町で探しました。Eureka!
gc 001.JPG

こういうベタすぎる絵葉書は殆ど買ったこと無いし、日本人の観光客もあまり買わないと思います。外国に出す絵葉書を求めていたので、イメージどおりの絵葉書が見つかって良かったです。外国人が想像する日本っておそらくこういう写真のようなものなんでしょうね。
posted by 青木杉匡 at 18:51 | 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2011年05月18日

ジオキャッシング「とのさまんじゅう??」

宝ヶ池公園の次のキャッシュは「Takaragaike Pond Park -- A Rest House」です。Eureka!

キャッシュも見つけましたが、探す途中でかなりの数のヤモリも見つけました。手を突っ込むとビックリしたヤモリが飛び出してきて気持ち悪い事、この上なしです。でもこういう事、ジオキャッシングをやってると当たり前の事で蟻やダンゴムシ・ナメクジなんか、しょっちゅう遭遇します。

そして今回のジオキャッシングの大きな目的である「Takaragaike Pond Park -- Statue of Horses」です。このキャッシュに救出願いが出されているトラベルバグが入っている(はず)。その場所は少し開けた広場で遊びに来た家族連れが御飯を食べたり遊んだりしていて、かなり気にしながら探しました。Eureka!

gc 054.JPG

「Eureka」の読み方ですが、〈エウレカ〉〈ユリイカ〉〈ユウレカ〉といろいろ有るそうです。僕はこの言葉をジュブナイル・ミステリー作家のはやみねかおるさんが書かれた《都会のトム&ソーヤシリーズ》で知りました。その主人公の竜王創也が言っていたのを読んでから発見報告で使うようにしています。ちなみに創也は〈ユウレカ〉と発音していました。

肝心のトラベルバグも無事に見つける事が出来ました。可哀想に、プレートが割れてしまって錆だらけです。優しいジオキャッシャーさんの手によって、世界中のキャッシュをめぐる夢を託したトラベルバグなのに、誰にも発見してもらえない寂しさは僕もよく分かります。
tb 001.JPG

このトラベルバグは去年の7月19日に入れられて以来の外出です。それからも発見報告はされているんですが、面倒くさかったのか、このトラベルバグを入れる別のキャッシュが思い当たらなかったのか。、何故か持ち帰る人がいなかったようです。

ところで僕が行ったとき、映画の撮影をしていました。ひょっと覗いてみると、池の近くの茶屋にあった「とのさまんじゅう」の幟と殿様の像が目に入りました。家に帰って調べてみると「逆転裁判」とかいうゲームの映画らしいです。「とのさまんじゅう」って美味しいのかなあ、あまり美味しそうに思えないけど。

これで宝ヶ池公園のキャッシュはおしまい。4個とも見つけることが出来ました。満足感と疲労を感じながら次の目的地、河原町に移動します。
posted by 青木杉匡 at 18:30 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

ジオキャッシング「宝ヶ池公園」

京都市営地下鉄「国際会館駅」で降りて、少し迷いながら宝ヶ池公園に到着。ここには4個のキャッシュが設置されています。

Takaragaike Pond Park -- Cache in Moss」はキャッシュ名そのものがすぐに見つかりました。Eureka!

gc 037.JPG
ちなみに「Eureka」は『見つけた』という意味の古代ギリシア語の現在完了形です。昔々、アルキメデスがお風呂に入っている時にアルキメデスの原理を発見した際、全裸で町に飛び出して「Eureka!Eureka!」と叫んだそうです。これを発見した時は嬉しかっただろうなあ。それこそ、自分が神だと思うくらい。

次は「Takaragaike Pond Park -- Pine Tree Atop」です。このキャッシュは小高い山の頂上に有りました。靴底がすり減ってツルツルになった僕のシューズには、少々ヘヴィーなキャッシュでした。Eureka!

gc 040.JPG
小さなキャッシュボックスでしたが、中に寄せ書きのための布が入っていたので僕もサインを残しました。
布は濡れていてボールペンしか無かったので書き難かったんですが、折角なので。

降りるときは登る時より足元が滑って怖かったです。次のキャッシュに向かう途中で亀が並んで甲羅干しをしていました。仲良く並んだ姿が可愛かったのでパチリ。
gc 046.JPG
posted by 青木杉匡 at 17:51 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2011年05月17日

ジオキャッシング「tb-rescue.comについて」

京都市営地下鉄「国際会館駅」で降りると宝ヶ池公園です。今回の目的であるトラベルバグ・レスキューの開始です。

ところでジオキャッシャーでも、トラベルバグ・レスキューってなんだって人もいると思います。トラベルバグ・レスキューとは簡単に言うとキャッシュに長い間置き去りにされている自分のトラベルバグの現状を近くに住むジオキャッシャーさんに確認してもらえるサイトです。

まだ知名度が低いのか、僕が登録した時、日本には3つしか救出リクエストが出ていませんでした。そのうちの2つが関西だったので2つとも僕が救出しました。



2つで世界ランキングが303位だから、これは本当に穴場かも。

僕はこのサイト「tb-rescue.com」を世界中のジオキャッシャーさんのページを見ている時に見つけました。

百聞は一見にしかず。トラベルバグ・レスキューを簡単に説明したアニメがあるのでそれを見てください。


この動画を見て興味を持ったジオキャッシャーさんは、ぜひ「tb-rescue.com」に登録してみてください。注意することは登録情報はジオキャッシングと同じものにすること。tb-rescue.comのスタッフはジオキャッシングのサイトでトラベルバグの現状を確認するので、情報が違っていたら混乱するし、成りすましを防止するため。

なぜこんなに薦めるかというと、僕のトラベルバグが四国でしばらく置き去りにされたままなんです。誰か僕のトラベルバグを救ってください。
posted by 青木杉匡 at 18:31 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

ジオキャッシング「葵祭の斎王代」

御所がある京都御苑に着くと、行進が見られるように有料のイス席が用意されていて、もう既に多くの人が陣取っていました。

しばらく待っていると向こうの方からカラフルな着物を着た人たちがやってきました。
gc 012.JPG

僕は写真が撮るのがすごく下手なので肝心の斎王代がこれです。
gc 031.JPG

あとで画像を見て愕然としました。これじゃあ写真を撮らずにじっと見ていたほうが良かったな。京都御苑にもいくつかキャッシュがあるんですが、さすがに人が多いだろうからと探す事は全く考えませんでした。

1時間ほど行進を見た後、再び地下鉄に乗り込んで次の目的地の宝ヶ池へ向かいました。
posted by 青木杉匡 at 18:20 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

ジオキャッシング「葵祭とトラベルバグ・レスキュー」

久しぶりにジオキャッシング報告を書きます。ブログには書いてなかったんですが、ジオキャッシングはぼちぼちと続けていて、この前やっと発見数が100個を超えました。

15日の日曜日は京都へ行ってきました。一番の目的は葵祭です。僕は神戸に住んでいて、一時期は京都にも住んでいたのに、葵祭を見た事が無かったんです。そしてもうひとつの目的がジオキャッシング。特に今回はトラベルバグ・レスキューを行う為に京都を選びました。

朝早くから、阪急電車に乗って烏丸駅で下車。少し歩いて「3jo Nakagyo post office@Zerosen」にチャレンジ。
gc 001.JPG

Eureka!中京郵便局にあるキャッシュはすぐに見つかったんですが、周りに人が多くてドキドキしながら探しました。

またしばらく歩いて「Cartoon Lover's Paradise!!」に移動。gc 002.JPG

Eureka!京都国際マンガミュージアムの前にあるキャッシュなので、この名前を付けたんでしょうね。そろそろ葵祭が始まる時間が迫ってきたので、烏丸御池駅で地下鉄に乗りました。葵祭を見る人達で満員でした。丸太町で降りて京都御所までテクテク。いや〜暑いです。
posted by 青木杉匡 at 18:06 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2011年05月12日

ハートフル・シネマサロン「ふたたび swing me again」

昨日は神戸市が主催するハートフル・シネマサロンで塩屋俊監督の「ふたたび swing me again」を見てきました。

50年の時を経て仲間との約束を果たそうとする元ジャズトランペッターとその孫がたどる旅を、ジャズ音楽に乗せて描いたロードムービー。ジャズを愛する大学生の大翔はある日、50年ぶりにハンセン病療養所を出た祖父・健三郎を引き取ることになったと父から聞かされる。初めて会う祖父との接し方がわからず戸惑う大翔だったが、かつてのバンドメンバーを訪ねる旅に出るという祖父についていくことになる。「ビートキッズ」の塩屋俊監督がメガホンをとる。


映画をとおして人権や命の大切さを考える『ハートフル・シネマサロン』は多分2年ぶり。去年は「おくりびと」。見たい映画だったのに、何故か行きませんでした。なんでかな?その時の気分がネガティブだったのかも。

塩屋俊監督の名前は最近よく目にしていたので、どんな映画を撮るんだろうと興味深々でした。乳がんで先月亡くなられた田中好子さんの最後の主演映画となった「0からの風」を撮った監督です。

ストーリー自体は僕が想像していたとおりのもので可もなく不可もなくと言ったところ。〈孫の恋愛〉と〈ハンセン病〉と〈ジャズバンド〉の三つがストーリーの柱なんですが、僕は思い切って〈孫の恋愛〉は切り捨てて、療養所の生活や闘病の様子など、もう少しハンセン病を深く描いても良かったのにと不満を覚えました。

それにBGMで盛り上げようとする所が鼻に付きました。『さあ、ここが泣くポイントですよ』って感じで悲しいBGMが流れる度に冷めていきました。

一方、神戸が舞台の映画だったので神戸市役所や名門ジャズライブハウス「SONE」など、あちこちに見慣れた風景が出てきたところは楽しめました。

ところで監督の塩屋俊さんは、僕の記憶違いでなければ30年くらい前にテレビ東京の番組でグルメレポーターをされていた、いつも眠そうな目をした方だと思うんですが、どうなんでしょう。いつの間にか映画監督になっていたんですね。
posted by 青木杉匡 at 17:34 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2011年04月07日

斉藤和義のそっくりさん??「ずっとウソだった」

これは忌野清志郎にそっくりだと言われるタイマーズのゼリーの再来なのか??正体バレバレの人が斉藤和義の「ずっと好きだった」の替え歌を歌ってる動画を見つけました。



(時間限定だったのか、圧力が掛かったのかすぐに消えちゃいました。その代わりに歌詞を書き起こしてくれた人がいたので紹介します)

『ずっとウソだった』

この国を歩けば、原発が54基
教科書もCMも言ってたよ、安全です

俺たちを騙して、言い訳は「想定外」
懐かしいあの空、くすぐったい黒い雨

ずっとウソだったんだぜ やっぱ、ばれてしまったな
ホント、ウソだったんだぜ 原子力は安全です

ずっとウソだったんだぜ ほうれん草食いてえな
ホント、ウソだったんだぜ 気づいてたろ、この事態

風に舞う放射能はもう止められない

何人が被爆すれば気がついてくれるの?
この国の政府

この街を離れて、うまい水見つけたかい?
教えてよ!やっぱいいや…

もうどこも逃げ場はない 

ずっとクソだったんだぜ 
東電も、北電も、中電も、九電も

もう夢ばかり見てないけど

ずっと、クソだったんだぜ
それでも続ける気だ

ホント、クソだったんだぜ
何かがしたいこの気持ち

ずっと、ウソだったんだぜ
ホント、クソだったんだぜ


(いや、やっぱり有った。16時の時点でこちら→。veoh video network「ずっとウソだった」。こういうのって一旦ネットに流れると全て回収する事なんて不可能なのに。もちろん僕も見つけた時点ですぐに動画もMP3もダウンロードしたし。それこそ、海に高濃度放射能汚染水がダダ漏れしていたどっかの原発と一緒よ。今更止めたって流れ出た汚染水は元には戻らんよ。)

東日本大震災に対して様々なアーティストがいろんな形で支援や活動を始めていますが、僕が福島原発の事故に対してのアプローチを見るのはこれが初めてです。

マスコミ、特にテレビ局はこの福島原発に関して言論統制を強いているそうで、これからは公正な意見や批判的な事を言えるのはネットしかできないでしょう。



もう、ジャーナリズムの精神を捨ててしまったテレビ局は開き直ってタイマーズの原発賛成音頭でも流してください。
posted by 青木杉匡 at 15:01 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2011年04月02日

ポストクロッシング。ロシアから被災者へのメッセージ

冬の国から神戸のすみへ絵葉書が届きました。

以前ポストクロッシングで、こちらから送ったロシアの方から東日本大震災を心配するメールをいただきました。そのなかで「被災者を励ましたいからポストカードを送りたい」との申し出があったんですが、僕は直接被害を受けていないので、出来れば東北の人に送ってほしいと一旦は断りました。

ですが、「どうしても」と再度メールを頂いたので、メッセージを公開する事を条件に送ってもらうことにしました。

pc 003.JPG

この写真はyozhneffさんというアーティストが撮った絵葉書のようです。ホームページ「deviantart」を見るとイラストも描けるみたいで、かなりの才女です。

pc2 001.JPG

こんなささやかなブログで紹介するのは申し訳ないんですが、このメッセージを読んで希望や勇気を持ってくれる人が一人でもいたら本当に嬉しいです。

Irinaさん、ありがとうございました。

他にもいろんな人から日本を心配するメッセージを頂き、ポストクロッシングをやっていて心から良かったと思いました。
posted by 青木杉匡 at 13:28 | 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

2011年04月01日

サヨナラはしない

タイマーズが発売したCDシングル「サヨナラはしない」は売上を阪神大震災の被災者に寄付するチャリティーソングでした。「サヨナラはしない」はタイマーズにしては爽やかすぎるので、僕は「ヘリコプター」のほうが好きでした。

それが今回こんな形で再び聴くことになろうとは。

もし今ゼリーが生きていたら、東日本大震災や福島第一原子力発電所事故をどういう風に歌ったかななんて想像したりして。

あっ、タイマーズは不死身だった。ゼリーさん、早く帰ってきてね。

posted by 青木杉匡 at 17:46 | 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。