2016年07月18日

アウトドアライブラリーに寄贈してきました!

神戸市役所の南側にある東遊園地で開催中のアウトドアライブラリーに1冊の本を寄贈してきました。

アウトドアライブラリーとは、テーマ毎に分類された本棚にそのテーマに沿った本を1冊寄贈して、みんなで図書館を育てようというプロジェクトです。詳しくはこちら

僕が寄贈した本は蛇蔵・海野凪子作『日本人の知らない日本語なるほど〜×爆笑!の日本語“再発見"コミックエッセイ』です。もしアウトドアライブラリーでこの本を見つけたら、読んだ感想をこちらに書いていただけると嬉しいです。

日本人の知らない日本語なるほど〜×爆笑!の日本語“再発見"コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ) -
日本人の知らない日本語なるほど〜×爆笑!の日本語“再発見"コミックエッセイ (メディアファクトリーのコミックエッセイ) -
posted by 青木杉匡 at 11:13 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2015年10月27日

つばめ文庫にブッククロッシング・リリース。

阪急電鉄の『ブログdeヴァーチャル駅長2015』を読んでいたら、ななさんの「本も珈琲も無料だなんて凄すぎる〜(*'ω'*)」という記事を見つけました。

どうやら宝塚に、好きな本を無料で持ち帰る事が出来る本棚があるみたいです。記事を見つけて、ずっと気になっていたんですが、なかなか時間が取れずにいました。そのうち、モヤモヤした気持ちが溜まってきたので、思い切って24日に少し無理して、何処かにワイルドリリースしよう思っていたブッククッシングの本を持って阪急逆瀬川駅に行ってきました。

逆瀬川駅から少し歩いたところにある宝塚市立勤労市民センターの一階に、その本棚は有ります。
2015-10-24-144603.jpg

説明を読むと「つばめ文庫」と呼ぶ本棚らしい。
2015-10-24-144547.jpg

結構な数の本が並んでいました。本を持って帰る人ばかりだと、すぐに本が無くなってしまう。ブッククロッシングのゾーンでも、そんな悩みで閉鎖される本棚が多かったのですが、この「つばめ文庫」は今のところ上手く回っているようです。

僕も、ここに数冊の本を置いてきました。しばらく留まったままのブッククロッシング本も有ったので、重い荷物を降ろしたようでホッとしました。ここで誰かの手に渡ってくれれば良いんですが、利用状況が分からないので何とも言えません。
2015-10-24-144159.jpg
2015-10-24-143835.jpg
2015-10-24-143130.jpg

写真を撮っていると受付の方が来られて、「つばめ文庫にある本の紹介が載っているからどうですか?」とメルマガの登録を勧められました。登録して送られたメルマガを見ると、つばめ文庫自体の記述は少なかったんですが、内容は盛り沢山でした。そのうち僕の本が取り上げられる日が来たらいいなあ。

また機会が有れば、本を持ってお邪魔しようと思います。
posted by 青木杉匡 at 13:16 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2014年01月24日

ブッククロッシング☆日本縦断チャレンジ2014経過記録

チャレンジを始めてから、もう少しで2年かあ。まあマイペースで行こうかね。

2012年2月22日 初級チャレンジ宣言
2012年7月2日 初級クリア!中級チャレンジにアップグレイド
2012年9月15日 中級クリア!上級チャレンジにアップグレイド
2012年12月18日 上級クリア!

2014年1月24日現在で
●北海道+東北 3冊読破
北海道 辻仁成『海峡の光』 2012年2月25日読了 花井がすごく不気味
山形県 百瀬しのぶ『おくりびと』 2012年5月24日読了 納棺師があれほど忌み嫌われることが不思議でした
岩手県 まちの編集室『てくり15号 写真と街と。』 2012年7月9日読了 「復興の狼煙」ポスターは阪神大震災の被災者として強いシンパシーを抱きました 
宮城県 『2011.3.11東日本大震災 閖上地区の全記録』2013年12月4日読了 地元のカメラマンが記録した震災直後の閖上地区の写真集です

●関東 3冊読破
東京都 ヒキタクニオ『凶気の桜』 2012年3月1日読了 よく考えたら前にも読んだ本だった
埼玉県 萩尾望都『山へ行く』 2012年4月15日読了 ポワンとした世界観が面白い
静岡県 さくらももこ『ちびまる子ちゃん―わたしの好きな歌』 2012年10月10日読了 これは実際に映画で見たいです

●中部 3冊読破
三重県 椎名誠『わしらは怪しい探検隊』 2012年4月26日読了 蚊取線香の印象が強烈
愛知県 榊こつぶ『美味しい名古屋を食べに行こまい』2012年8月9日読了 台湾ラーメン、食べたい!
富山県 青木新門『納棺夫日記 増補改訂版』2012年11月1日読了 僕は、死体に湧いた蛆虫に生命の光を見る青木さんの境地には到底達しないだろうな 
長野県 夏川草介『神様のカルテ』2013年11月11日読了 松本の凛とした空気感が素敵でした。もっと重たい話かと思っていたけど、楽しく読めた。

●近畿 3冊読破
兵庫県 『神戸在住7巻』木村紺  悲しいお別れが胸に突き刺さります
大阪府 『サナギ』なだぎ武 2012年5月8日読了。 学生時代をもっと描いてほしい
京都府 『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦 何度も読み返す大好きな作品です。いつも心が暖かくなります

●四国 3冊読破
高知県 『死国』坂東眞砂子 2012年7月2日読了。石槌山の情景がわかりにくかった。クライマックスなのに。
徳島県『あわわ2012年4月号』あわわ編集部 2012年8月16日読了。徳島ラーメン食べたい!「金ちゃんラーメン」は徳島ラーメンの味がするのか?
香川県『八日目の蝉』角田光代 2012年12月11日読了。ハッピーエンドとは言えないけど、かすかな希望を抱かせるラストにじんわり感動しました。 
 
●中国  3冊読破
岡山県 『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子 2012年3月19日読了
      『暮らしき四号』読了。イギリスの公園に故人の思い出を込めたベンチを寄付するという記事がとても印象に残った。        
広島県 『夕凪の街 桜の国』こうの史代 2012年3月11日読了 橋の上で微笑む二人がとにかく美しいです。
山口県 『共喰い』田中慎弥 2012年12月18日読了 むせ返るような血や精液、魚や水の匂いが文章から臭ってくるようでした

●九州+沖縄  4冊読破!
大分県 『美味しんぼ71巻 日本全県味巡り大分編』雁屋哲・花咲アキラ 2012年4月30日読了。 
福岡県 『博多学』岩中祥史 2012年9月15日読了。部外者が資料のコピペを羅列しただけの印象。なぜ福岡県の人が書かなかったんだろう?
長崎県 『ペコロスの母に会いに行く』岡野雄一 2012年11月7日読了。この家族の事をもっともっと知りたいと思いました。
鹿児島県 『10人兄妹貧乏アイドル☆ 私、イケナイ少女だったんでしょうか?』上原美優 2013年6月12日読了。
posted by 青木杉匡 at 18:06 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

ブッククロッシング日本縦断チャレンジ神奈川県『ビブリア古書堂の事件手帖』

ブッククロッシング「日本縦断チャレンジ」。神奈川県は三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』です。有名な作品だし、ドラマ化もされたので説明は要らないかと思いますが、アマゾンの本の内容の引用です。

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは“古書と秘密”の物語。




主人公の篠川栞子が、なにかまだ隠し事をしているようなミステリアスな人物設定が魅力的でした。ただ、一年前に放送されていたドラマを先に見ていたので、「あの人はあれだったのか」とか「あれはそういう意味があったのか」と言った感動や衝撃を受けなかったのが残念です。ドラマを思い出しながら筋をなぞっていくような感じでした。

僕は、なぜネット上でキャストやシナリオがあんなに叩かれるのか分からなかったんですが、本作を読んで納得しました。ドラマでは妹が弟に変ったり、クレーム対策の配慮なのかホームレスが謎の紳士になっていたりと、主要キャストが全く原作のイメージと違う役者ばかりでした。あれじゃあ、愛読者が怒るのも無理はないなと思いました。

主人公の状況がアレだからしょうがないんだけど、ほとんど病院と古本屋しか出て来ませんでした。鎌倉が舞台なんだから街並みの情景描写がもっと欲しかったなあ。

もうひとつの不満を。越島はぐさんのイラストが、カバーも栞も裸眼で本を読んでいる栞子です。なぜメガネをかけた栞子を描かないんでしょう?別に、僕はメガネっ娘が好きってわけでもないんですが、なんか腑に落ちません。
posted by 青木杉匡 at 17:53 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2013年11月19日

ブッククロッシング日本縦断チャレンジ長野県『神様のカルテ』

ブッククロッシング「日本縦断チャレンジ」。長野県は、松本市の病院が舞台になっている夏川草介さんの『神様のカルテ』です。この書籍はブッククロッシング本の交換会で入手したものです。僕は郵送での参加だったので、実際に本が到着するまで参加者の本棚を見ることを我慢して、「どんな本が送られてくるんだろう?」とワクワクしながら待っていました。

で、届いた本が『神様のカルテ』。もちろん作品は知っていましたし、櫻井翔さんと宮崎あおいさんが出演されたCMも頻繁に見ていたんですが今まで未読でした。こういう偶然の出会いがあるのもブッククロッシングの大きな魅力だと思います。

主人公・栗原一止(くりはらいちと)は、信州松本にある本庄病院に勤務する内科医である。彼が勤務している病院は、地域医療の一端を担うそれなりに規模の大きい病院。24時間365日などという看板を出しているせいで、3日寝ないことも日常茶飯事。自分が専門でない範囲の診療まで行うのも普通。そんな病院に勤める一止には最近、大学病院の医局から熱心な誘いがある。医局行きを勧める腐れ縁の友人・砂山次郎。自分も先端医療に興味がないわけではない。医局に行くか行かないかで一止の心は大きく揺れる。
そんな中、兼ねてから入院していた安曇さんという癌患者がいた。優しいおばあちゃんという感じで、看護師たちには人気者だが、彼女は「手遅れ」の患者だった。「手遅れ」の患者を拒否する大学病院。「手遅れ」であったとしても患者と向き合う地方病院。彼女の思いがけない贈り物により、一止は答えを出す。


最初に引っかかるのが、夏目漱石を敬愛する主人公の語り口です。妙に古めかしい言い回しで、本心を隠すためにわざとお道化た口調を使っているのかと思えば、そうでもないらしい。ここに疑問を感じる人もいるでしょうが、僕はファンタジーということでスンナリと受け入れました。

ファンタジーといえば、栗原夫婦が住んでいる御嶽荘の設定も正しくファンタジーです。オンボロすぎて、誰が住んでいるのか誰も把握していない。床下と天井板が腐って破れた穴から下の階の住人と話ができる。僕は『めぞん一刻』の一刻館や『妖怪アパートの幽雅な日常』の寿荘を連想しました。

一方で、医師不足のため激務に追われる一止の勤務状況や、余命少ない患者の死生観が描かれ、地方病院の抱えるシリアスな問題が書かれます。僕はそのファンタジーとシリアスという相反する対比が面白く感じました。

posted by 青木杉匡 at 17:41 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2013年06月12日

ブッククロッシング日本縦断チャレンジ鹿児島県『10人兄妹貧乏アイドル☆ 私、イケナイ少女だったんでしょうか?』

ブッククロッシング「日本縦断チャレンジ」、鹿児島県は種子島が舞台になっている上原美優さんのエッセイ『10人兄妹貧乏アイドル☆ 私、イケナイ少女だったんでしょうか?』です。

知っている人も多いでしょうが、彼女は2011年5月11日の朝、自ら命を絶ってしまいました。享年24。その日のワイドショーのコメンテーターだった眞鍋かをりさんが、第一報を聞いて号泣して話すこともままならない状態だった事を僕は覚えています。まだ東日本大震災の影響が大きな時期にこのニュースを聞き、僕も改めて人の無常を感じてショックを受けました。

このエッセイを読むと、彼女が昔から自殺願望を持っていたことが分かります。何度も死のうとする場面が出てくるし、未遂も起こしています。もう、自殺は起こるべくして起きた悲しい事件で、防ぎようがなかったんじゃないかと一瞬考えました。彼女はこのエッセイを遺書として描いたんじゃないだろうか。家族やファンに向けての後書きを読むと、そうとしか思えないんです。

シグナルを出し続けていたんだから、どうにかして彼女を救ってあげる手段はなかったのかなあと、つくづく残念です。
posted by 青木杉匡 at 18:09 | 兵庫 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2012年12月19日

ブッククロッシング日本縦断チャレンジ上級クリア!『共喰い』

大袈裟に言えば、今年の生きる糧の一つにしていたブッククロッシング「日本縦断チャレンジ」ですが、ようやく上級(7地方からそれぞれ3冊づつ読む)をクリアしました。

最後に残っていた中国地方の作品は山口県の下関出身、田中慎弥さんの『共喰い』を選びました。この作品で第146回芥川賞を受賞して、その際の受賞インタビューが話題になった事は記憶に新しいと思います。そのインタビューが強烈だったので「変わった人」というイメージがあったのですが、この作品と文藝春秋のインタビューを読むと、とてもオーソドックスな小説だったし、すごく真摯な方なんだと考えを改めました。

その『共喰い』の内容ですが、陰鬱になるくらいの濃密な情景描写が素晴らしいと思いました。紙の中から血や精液、体臭や魚、腐ったような濁り水の匂いが文章からプンプンと臭ってくるようでした。この作品が映画化されるそうですが、この世界観を映像化する事は難しいんじゃないかと思います。なんか侘しい雰囲気だけの映画になりそうで…

タイトルの『共喰い』の意味をずっと考えているんですが、僕としては父親の円と主人公の遠馬との関係を表しているのかなと考えました。幼い頃にお父さんを亡くされた田中さんが持っている父親像が円なんでしょうか?

2012年12月19日現在で
●北海道+東北 3冊読破
北海道 辻仁成『海峡の光』 2012年2月25日読了 花井がすごく不気味
山形県 百瀬しのぶ『おくりびと』 2012年5月24日読了 納棺師があれほど忌み嫌われることが不思議でした
 岩手県 まちの編集室『てくり15号 写真と街と。』 2012年7月9日読了 「復興の狼煙」ポスターは阪神大震災の被災者として強いシンパシーを抱きました 

●関東 3冊読破
東京都 ヒキタクニオ『凶気の桜』 2012年3月1日読了 よく考えたら前にも読んだ本だった
埼玉県 萩尾望都『山へ行く』 2012年4月15日読了 ポワンとした世界観が面白い
静岡県 さくらももこ『ちびまる子ちゃん―わたしの好きな歌』 2012年10月10日読了 これは実際に映画で見たいです

●中部 3冊読破
三重県 椎名誠『わしらは怪しい探検隊』 2012年4月26日読了 蚊取線香の印象が強烈
愛知県 榊こつぶ『美味しい名古屋を食べに行こまい』2012年8月9日読了 台湾ラーメン、食べたい!
富山県 青木新門『納棺夫日記 増補改訂版』2012年11月1日読了 僕は、死体に湧いた蛆虫に生命の光を見る青木さんの境地には到底達しないだろうな 

●近畿 3冊読破
兵庫県 『神戸在住7巻』木村紺  悲しいお別れが胸に突き刺さります
大阪府 『サナギ』なだぎ武 2012年5月8日読了。 学生時代をもっと描いてほしい
京都府 『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦 何度も読み返す大好きな作品です。いつも心が暖かくなります

●四国 3冊読破
高知県 『死国』坂東眞砂子 2012年7月2日読了。石槌山の情景がわかりにくかった。クライマックスなのに。
徳島県『あわわ2012年4月号』あわわ編集部 2012年8月16日読了。徳島ラーメン食べたい!「金ちゃんラーメン」は徳島ラーメンの味がするのか?
香川県『八日目の蝉』角田光代 2012年12月11日読了。ハッピーエンドとは言えないけど、かすかな希望を抱かせるラストにじんわり感動しました。 
 
●中国  3冊読破
岡山県 『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子 2012年3月19日読了
      『暮らしき四号』読了。イギリスの公園に故人の思い出を込めたベンチを寄付するという記事がとても印象に残った。        
広島県 『夕凪の街 桜の国』こうの史代 2012年3月11日読了 橋の上で微笑む二人がとにかく美しいです。
山口県 『共喰い』田中慎弥 2012年12月18日読了 むせ返るような血や精液、魚や水の匂いが文章から臭ってくるようでした

●九州+沖縄  3冊読破!
大分県 『美味しんぼ71巻 日本全県味巡り大分編』雁屋哲・花咲アキラ 2012年4月30日読了。 
福岡県 『博多学』岩中祥史 2012年9月15日読了。部外者が資料のコピペを羅列しただけの印象。なぜ福岡県の人が書かなかったんだろう?
長崎県 『ペコロスの母に会いに行く』岡野雄一 2012年11月7日読了。この家族の事をもっともっと知りたいと思いました。

これで僕の「日本縦断チャレンジ」は終わりじゃありません。この次は各都道府県からそれぞれ1冊づつ読む特級にレベルアップして続けていきます。もし、自分でもチャレンジしてみたいと思ったら、ブッククロッシングの《日本縦断2012チャレンジ:ルールと進行経過》を参考にしてください。2012と書いているけど何年かかっても全然構わないと思う。読書量や到達スピードを競いあうレースじゃないので、気負わずに自分のペースで続けていくことがコツですよ。
posted by 青木杉匡 at 17:29 | 兵庫 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2012年12月11日

ブッククロッシング日本縦断チャレンジ『八日目の蝉』

ブッククロッシングの「日本縦断チャレンジ」は上級(7地方からそれぞれ3冊づつ読む)にチャレンジ中です。

四国地方、香川県は小豆島が主な舞台になっている、角田光代さんの『八日目の蝉』です。蝉は成虫になってから7日間しか生きられないという話は有名なので皆さん知っていると思います。「その7日間の命の蝉が八日目?」一体どういう結末になるんだろうと、ドキドキしながら読みました。

不倫相手の娘を誘拐した女性とその誘拐された女性の物語。読む前に僕が想像していた平凡なエンディングとは違ったので「こうなるのか〜」と感心しました。

読んでいて気になったのが『ししがき』でした。本文中では詳しい説明がなかったのでネットで検索しました。ほかにも周りの人達の事など、読者に不親切にならない程度の説明不足が想像力を掻き立てられて面白かったです。

ラストは《これから》というところで終わります。決してハッピーエンドではないけれどかすかな希望の光を見せてくれます。だからこそ、八日目の蝉が見た景色はどんなものだったんだろう?これからの二人はどうなるんだろう?と色々と想像が膨らむ、いつまでも余韻の残る素敵な結末でした。

2012年12月11日現在で
●北海道+東北 3冊読破
北海道 辻仁成『海峡の光』 2012年2月25日読了 花井がすごく不気味
山形県 百瀬しのぶ『おくりびと』 2012年5月24日読了 納棺師があれほど忌み嫌われることが不思議でした
 岩手県 まちの編集室『てくり15号 写真と街と。』 2012年7月9日読了 「復興の狼煙」ポスターは阪神大震災の被災者として強いシンパシーを抱きました 

●関東 3冊読破
東京都 ヒキタクニオ『凶気の桜』 2012年3月1日読了 よく考えたら前にも読んだ本だった
埼玉県 萩尾望都『山へ行く』 2012年4月15日読了 ポワンとした世界観が面白い
静岡県 さくらももこ『ちびまる子ちゃん―わたしの好きな歌』 2012年10月10日読了 これは実際に映画で見たいです

●中部 3冊読破
三重県 椎名誠『わしらは怪しい探検隊』 2012年4月26日読了 蚊取線香の印象が強烈
愛知県 榊こつぶ『美味しい名古屋を食べに行こまい』2012年8月9日読了 台湾ラーメン、食べたい!
富山県 青木新門『納棺夫日記 増補改訂版』2012年11月1日読了 僕は、死体に湧いた蛆虫に生命の光を見る青木さんの境地には到底達しないだろうな 

●近畿 3冊読破
兵庫県 『神戸在住7巻』木村紺  悲しいお別れが胸に突き刺さります
大阪府 『サナギ』なだぎ武 2012年5月8日読了。 学生時代をもっと描いてほしい
京都府 『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦 何度も読み返す大好きな作品です。いつも心が暖かくなります

●四国 3冊読破
高知県 『死国』坂東眞砂子 2012年7月2日読了。石槌山の情景がわかりにくかった。クライマックスなのに。
徳島県『あわわ2012年4月号』あわわ編集部 2012年8月16日読了。徳島ラーメン食べたい!「金ちゃんラーメン」は徳島ラーメンの味がするのか?
香川県『八日目の蝉』角田光代 2012年12月11日読了。ハッピーエンドとは言えないけど、かすかな希望を抱かせるラストにじんわり感動しました。 
 
●中国  2冊読破
岡山県 『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子 2012年3月19日読了
      『暮らしき四号』読了。イギリスの公園に故人の思い出を込めたベンチを寄付するという記事がとても印象に残った。        
広島県 『夕凪の街 桜の国』こうの史代 2012年3月11日読了 橋の上で微笑む二人がとにかく美しいです。

●九州+沖縄  3冊読破!
大分県 『美味しんぼ71巻 日本全県味巡り大分編』雁屋哲・花咲アキラ 2012年4月30日読了。 
福岡県 『博多学』岩中祥史 2012年9月15日読了。部外者が資料のコピペを羅列しただけの印象。なぜ福岡県の人が書かなかったんだろう?
長崎県 『ペコロスの母に会いに行く』岡野雄一 2012年11月7日読了。この家族の事をもっともっと知りたいと思いました。

これで残すは中国地方の一冊です。どうやら年内に上級もクリアできそうです。
posted by 青木杉匡 at 18:00 | 兵庫 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2012年11月18日

伊丹市立図書館『ことば蔵』でブッククロッシング

伊丹市に新設された図書館『ことば蔵』に行って来ました。以前ジオキャッシングの途中で見かけて、すごく気になっていた図書館です。

この『ことば蔵』は読書にまつわるイベントを行ったり、ファンジンを紹介するコーナーを作ったりと今までの図書館とはガラっと雰囲気が違う新感覚の図書館です。図書館好きの僕はネットで調べてから、ずっと行きたかった場所です。今回やっとその願いが叶い、来館することができました。

PICT1236.JPG

僕は神戸市民なので、残念ながら伊丹市では本の貸し出し手続きは出来ません。一番の目的は「カエボン」です。「カエボン」の簡単な説明をすると、1階のフロアに小さな本棚があり、そこには自分のお薦めする本に推薦コメントを書いた帯を巻いて置くことができます。代わりに自分の持ってきた冊数だけ本を持ち帰ることが出来る、本の交換システムです。これなら神戸市民の僕が利用しても問題はないかと思います。

で、この交換する本にブッククロッシング登録本を持って行きました。「カエボン」にブッククロッシングに登録された本を選んでも良いのか?IDを書いたステッカー等を貼ってある本でも構わないのか?いろいろ疑問はあったんですが、取り敢えず推薦文を書いて帯を巻き、受付に持って行きました。

PICT1230.JPG

受付では、スタンプを押す事と裏の見返しに感想カードを貼り付けることを説明されただけで、特に何も言われませんでした。でも、どうだろう?気づかなかっただけで、後で問題になっていたらどうしよう。僕は関西弁で言うところの「気にしい」なので、いろいろ考えてしまいます。もし『ことば蔵』の関係者さんがこのブログを見ていたら、そのあたりの詳しいルールを教えてくれませんか?

取り敢えず、代わりの本を貰って来ました。
PICT1238.JPG

6冊持って行って、なぜ7冊もらっているのかといえば、
PICT1239.JPG
日本でも有名な絵本『ぼくを探しに』は原書と倉橋由美子さんの日本語訳は2冊セットになっていたからです。

原書の帯にはこう書かれていました。《単語を調べなくても読めます。アタシが調べました》
PICT1241.JPG

「アタシが調べました」? どういう意味なのかと思ってページを開くと
PICT1243.JPG
アタシさんの直筆で難しい単語の訳が付箋に書いてものが貼ってくれていました。これを見て、すっごく感動しました!これも本を通しての出会い、ブッククロッシングです。

この「カエボン」は読み終えたら感想を書いて、またカエボンの棚に戻すことが決まりだそうです。積読が増えてきて、「カエボン」を読むのが何時になるのかわかりませんが、また必ず『ことば蔵』に足を運びたいと思います。
posted by 青木杉匡 at 17:35 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2012年11月08日

ブッククロッシング日本縦断チャレンジ『ペコロスの母に会いに行く』

ブッククロッシングの「日本縦断チャレンジ」は上級(7地方からそれぞれ3冊づつ読む)にチャレンジ中です。

九州・沖縄地方の1冊は長崎県を舞台にした作品、岡野雄一さんの『ペコロスの母に会いに行く』(西日本新聞社)を選びました。最近、話題になってる本なので知っている方も多いと思います。僕は某新聞の書評を読んで、すぐに図書館に予約しました。

認知症になった作者のお母さんと頭の形からペコロス(ミニ玉ねぎ)と称する作者の長崎での生活を描いた漫画エッセイです。その長崎で忘れてはいけないものが原爆です。「背中の児」では8月9日のあの日、大切な人を理不尽に奪われた人たちの悲しみを想い、胸が苦しくなりました。

僕はホームヘルパー2級を取得する際に特養ホームに研修に行きました。その僅かな時間の経験でも介護は本当に、体力的にも精神的のも大変なものだと実感しました。この作品ではその大変な事は書かれていません。書かれていないからこそ、色々と想像してしまいました。

こう書くとシリアスな内容に思えますが、読後感はすごく面白いです。伊藤比呂美さんも書かれていましたが、このおばあちゃん、ユーモアがあってほんわかしてホントに可愛い。みんなが話す長崎弁もとても暖かい。読んでよかったと思える一冊でした。

2012年11月8日現在で
●北海道+東北 3冊読破
北海道 辻仁成『海峡の光』 2012年2月25日読了 花井がすごく不気味
山形県 百瀬しのぶ『おくりびと』 2012年5月24日読了 納棺師があれほど忌み嫌われることが不思議でした
 岩手県 まちの編集室『てくり15号 写真と街と。』 2012年7月9日読了 「復興の狼煙」ポスターは阪神大震災の被災者として強いシンパシーを抱きました 

●関東 3冊読破
東京都 ヒキタクニオ『凶気の桜』 2012年3月1日読了 よく考えたら前にも読んだ本だった
埼玉県 萩尾望都『山へ行く』 2012年4月15日読了 ポワンとした世界観が面白い
静岡県 さくらももこ『ちびまる子ちゃん―わたしの好きな歌』 2012年10月10日読了 これは実際に映画で見たいです

●中部 3冊読破
三重県 椎名誠『わしらは怪しい探検隊』 2012年4月26日読了 蚊取線香の印象が強烈
愛知県 榊こつぶ『美味しい名古屋を食べに行こまい』2012年8月9日読了 台湾ラーメン、食べたい!
富山県 青木新門『納棺夫日記 増補改訂版』2012年11月1日読了 僕は、死体に湧いた蛆虫に生命の光を見る青木さんの境地には到底達しないだろうな 

●近畿 3冊読破
兵庫県 『神戸在住7巻』木村紺  悲しいお別れが胸に突き刺さります
大阪府 『サナギ』なだぎ武 2012年5月8日読了。 学生時代をもっと描いてほしい
京都府 『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦 何度も読み返す大好きな作品です。いつも心が暖かくなります

●四国 2冊読破
高知県 『死国』坂東眞砂子 2012年7月2日読了。石槌山の情景がわかりにくかった。クライマックスなのに。
徳島県『あわわ2012年4月号』あわわ編集部 2012年8月16日読了。徳島ラーメン食べたい!「金ちゃんラーメン」は徳島ラーメンの味がするのか?
 
●中国  3冊読破
岡山県 『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子 2012年3月19日読了
      『暮らしき四号』読了。イギリスの公園に故人の思い出を込めたベンチを寄付するという記事がとても印象に残った。        
広島県 『夕凪の街 桜の国』こうの史代 2012年3月11日読了 橋の上で微笑む二人がとにかく美しいです。

●九州+沖縄  3冊読破!
大分県 『美味しんぼ71巻 日本全県味巡り大分編』雁屋哲・花咲アキラ 2012年4月30日読了。 
福岡県 『博多学』岩中祥史 2012年9月15日読了。部外者が資料のコピペを羅列しただけの印象。なぜ福岡県の人が書かなかったんだろう?
長崎県 『ペコロスの母に会いに行く』岡野雄一 2012年11月7日読了。この家族の事をもっともっと知りたいと思いました。

2012年2月22日 初級チャレンジ宣言
2012年7月2日 初級クリア!中級チャレンジ宣言
2012年9月15日 中級クリア!上級チャレンジ宣言
posted by 青木杉匡 at 17:49 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2012年11月02日

ブッククロッシング日本縦断チャレンジ【富山県】

ブッククロッシングの「日本縦断チャレンジ」は上級(7地方からそれぞれ3冊づつ読む)チャレンジ中です。

そして僕が中部地方で選んだ本は富山県の作品、青木新門さんの『納棺夫日記』です。映画「おくりびと」の原案になった作品ですが、青木さん自身は「おくりびと」のエンディングに不満を抱いていたそうです。第三章について読んだ人からは賛否両論あるらしく、宗教に関する記述が多くこの章だけ浮いているように感じました。

【『納棺夫日記』を記して】のなかの良寛の手紙が一番印象に残りました。良寛が新潟で起きたマグニチュード7という大地震のあとで友人に送った手紙です。

《地震は信に大変に候。野僧、草庵は何事もなく、親類中死人もなくめでたく存じ候。しかし、災難に逢ふ時節には災難に逢ふがよく候。死ぬる時節には死ぬるがよく候。是はこれ災難をのがるる妙法にて候。》

当然ですが、僕がこの境地に達することは出来ません。悟りを開き、生死を超えた場所に立つ良寛だからこそ言える言葉です。僕は阪神大震災の被災者です。そして東日本大震災を見つめている現在、この言葉が胸に突き刺さりました。この言葉に込められた良寛の真意を考えていきたいです。

2012年11月1日現在で
●北海道+東北 3冊読破
北海道 辻仁成『海峡の光』 2012年2月25日読了 花井がすごく不気味
山形県 百瀬しのぶ『おくりびと』 2012年5月24日読了 納棺師があれほど忌み嫌われることが不思議でした
 岩手県 まちの編集室『てくり15号 写真と街と。』 2012年7月9日読了 「復興の狼煙」ポスターは阪神大震災の被災者として強いシンパシーを抱きました 

●関東 3冊読破
東京都 ヒキタクニオ『凶気の桜』 2012年3月1日読了 よく考えたら前にも読んだ本だった
埼玉県 萩尾望都『山へ行く』 2012年4月15日読了 ポワンとした世界観が面白い
静岡県 さくらももこ『ちびまる子ちゃん―わたしの好きな歌』 2012年10月10日読了 これは実際に映画で見たいです

●中部 3冊読破
三重県 椎名誠『わしらは怪しい探検隊』 2012年4月26日読了 蚊取線香の印象が強烈
愛知県 榊こつぶ『美味しい名古屋を食べに行こまい』2012年8月9日読了 台湾ラーメン、食べたい!
富山県 青木新門『納棺夫日記 増補改訂版』2012年11月1日読了 僕は、死体に湧いた蛆虫に生命の光を見る青木さんの境地には到底達しないだろうな 

●近畿 3冊読破
兵庫県 『神戸在住7巻』木村紺  悲しいお別れが胸に突き刺さります
大阪府 『サナギ』なだぎ武 2012年5月8日読了。 学生時代をもっと描いてほしい
京都府 『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦 何度も読み返す大好きな作品です。いつも心が暖かくなります

●四国 2冊読破
高知県 『死国』坂東眞砂子 2012年7月2日読了。石槌山の情景がわかりにくかった。クライマックスなのに。
徳島県『あわわ2012年4月号』あわわ編集部 2012年8月16日読了。徳島ラーメン食べたい!「金ちゃんラーメン」は徳島ラーメンの味がするのか?
 
●中国  3冊読破
岡山県 『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子 2012年3月19日読了
      『暮らしき四号』読了。イギリスの公園に故人の思い出を込めたベンチを寄付するという記事がとても印象に残った。        
広島県 『夕凪の街 桜の国』こうの史代 2012年3月11日読了 橋の上で微笑む二人がとにかく美しいです。

●九州+沖縄  2冊読破!
大分県 『美味しんぼ71巻 日本全県味巡り大分編』雁屋哲・花咲アキラ 2012年4月30日読了。 
福岡県 『博多学』岩中祥史 2012年9月15日読了。部外者が資料のコピペを羅列しただけの印象。なぜ福岡県の人が書かなかったんだろう?

2012年2月22日 初級チャレンジ宣言
2012年7月2日 初級クリア!中級チャレンジ宣言
2012年9月15日 中級クリア!上級チャレンジ宣言
posted by 青木杉匡 at 18:07 | 兵庫 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2012年10月18日

ブッククロッシング日本縦断チャレンジ10月報告

ブッククロッシングの「日本縦断チャレンジ」は上級(7地方からそれぞれ3冊づつ読む)チャレンジ中です。

今回、僕が選んだ本は静岡県が舞台の、さくらももこ『ちびまる子ちゃん―わたしの好きな歌』、同名映画の原作漫画です。

タイトルからも分かるように映画では沢山の劇中歌が使われています。その劇中歌が流れるシーンは、さすがのさくらももこでも絵で描くことに苦労しているように見えました。世の中には「百見は一聞に如かず」という事も有るんですね。例えば、大滝詠一さんの名曲「1969年のドラッグレース」が流れるドライブシーンは映画ではこうなります。



これを一枚の絵で表現する事は不可能に近いでしょう。世の中には「百見は一聞に如かず」と言う事も有るんですね。残念なことに音楽の使用許可が下りなかったのか、映画は現在DVD化されておらず、鑑賞が難しい状態になっています。ストーリー自体は、特に印象に残らない平凡な話でした。

2012年10月19日現在で
●北海道+東北 3冊読破
北海道 辻仁成『海峡の光』 2012年2月25日読了 花井がすごく不気味
山形県 百瀬しのぶ『おくりびと』 2012年5月24日読了 納棺師があれほど忌み嫌われることが不思議でした
 岩手県 まちの編集室『てくり15号 写真と街と。』 2012年7月9日読了 「復興の狼煙」ポスターは阪神大震災の被災者として強いシンパシーを抱きました 

●関東 3冊読破
東京都 ヒキタクニオ『凶気の桜』 2012年3月1日読了 よく考えたら前にも読んだ本だった
埼玉県 萩尾望都『山へ行く』 2012年4月15日読了 ポワンとした世界観が面白い
静岡県 さくらももこ『ちびまる子ちゃん―わたしの好きな歌』 2012年10月10日読了 これは実際に映画で見たいです

●中部 2冊読破
三重県 椎名誠『わしらは怪しい探検隊』 2012年4月26日読了 蚊取線香の印象が強烈
愛知県 榊こつぶ『美味しい名古屋を食べに行こまい』2012年8月9日読了 台湾ラーメン、食べたい!

●近畿 3冊読破
兵庫県 『神戸在住7巻』木村紺  悲しいお別れが胸に突き刺さります
大阪府 『サナギ』なだぎ武 2012年5月8日読了。 学生時代をもっと描いてほしい
京都府 『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦 何度も読み返す大好きな作品です。いつも心が暖かくなります

●四国 2冊読破
高知県 『死国』坂東眞砂子 2012年7月2日読了。石槌山の情景がわかりにくかった。クライマックスなのに。
徳島県『あわわ2012年4月号』あわわ編集部 2012年8月16日読了。徳島ラーメン食べたい!「金ちゃんラーメン」は徳島ラーメンの味がするのか?
 
●中国  3冊読破
岡山県 『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子 2012年3月19日読了
      『暮らしき四号』読了。イギリスの公園に故人の思い出を込めたベンチを寄付するという記事がとても印象に残った。        
広島県 『夕凪の街 桜の国』こうの史代 2012年3月11日読了 橋の上で微笑む二人がとにかく美しいです。

●九州+沖縄  2冊読破!
大分県 『美味しんぼ71巻 日本全県味巡り大分編』雁屋哲・花咲アキラ 2012年4月30日読了。 
福岡県 『博多学』岩中祥史 2012年9月15日読了。部外者が資料のコピペを羅列しただけの印象。なぜ福岡県の人が書かなかったんだろう?

2012年2月22日 初級チャレンジ宣言
2012年7月2日 初級クリア!中級チャレンジ宣言
2012年9月15日 中級クリア!上級チャレンジ宣言
posted by 青木杉匡 at 17:30 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2012年09月15日

ブッククロッシング日本縦断チャレンジ中級クリア!

ブッククロッシングの「日本縦断チャレンジ」中級(7地方からそれぞれ2冊づつ読む。年間読書ゴールは14冊)をクリアしました。次は7地方からそれぞれ3冊づつ読む(地域の重複は無し)上級にチャレンジします!今の時点で2地方で3冊読んでいるから、今年中にはクリアできるかも。

2012年2月22日 初級チャレンジ宣言
2012年7月2日 初級クリア!中級チャレンジ宣言
2012年9月15日 中級クリア!上級チャレンジ宣言

2012年9月15日現在で
●北海道+東北 3冊読破
北海道 辻仁成『海峡の光』 2012年2月25日読了 花井がすごく不気味
山形県 百瀬しのぶ『おくりびと』 2012年5月24日読了 納棺師があれほど忌み嫌われることが不思議でした
 岩手県 まちの編集室『てくり15号 写真と街と。』 2012年7月9日読了 「復興の狼煙」ポスターは阪神大震災の被災者として強いシンパシーを抱きました 

●関東 2冊読破
東京都 ヒキタクニオ『凶気の桜』 2012年3月1日読了 よく考えたら前にも読んだ本だった
埼玉県 萩尾望都『山へ行く』 2012年4月15日読了 ポワンとした世界観が面白い

●中部 2冊読破
三重県 椎名誠『わしらは怪しい探検隊』 2012年4月26日読了 蚊取線香の印象が強烈
愛知県 榊こつぶ『美味しい名古屋を食べに行こまい』2012年8月9日読了 台湾ラーメン、食べたい!

●近畿 3冊読破
兵庫県 『神戸在住7巻』木村紺  悲しいお別れが胸に突き刺さります
大阪府 『サナギ』なだぎ武 2012年5月8日読了。 学生時代をもっと描いてほしい
京都府 『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦 何度も読み返す大好きな作品です。いつも心が暖かくなります

●四国 2冊読破
高知県 『死国』坂東眞砂子 2012年7月2日読了。石槌山の情景がわかりにくかった。クライマックスなのに。
徳島県『あわわ2012年4月号』あわわ編集部 2012年8月16日読了。徳島ラーメン食べたい!「金ちゃんラーメン」は徳島ラーメンの味がするのか?
 
●中国  3冊読破
岡山県 『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子 2012年3月19日読了
      『暮らしき四号』読了。イギリスの公園に故人の思い出を込めたベンチを寄付するという記事がとても印象に残った。        
広島県 『夕凪の街 桜の国』こうの史代 2012年3月11日読了 橋の上で微笑む二人がとにかく美しいです。

●九州+沖縄  2冊読破!
大分県 『美味しんぼ71巻 日本全県味巡り大分編』雁屋哲・花咲アキラ 2012年4月30日読了。 
福岡県 『博多学』岩中祥史 2012年9月15日読了。部外者が資料のコピペを羅列しただけの印象。なぜ福岡県の人が書かなかったんだろう?
posted by 青木杉匡 at 11:14 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2012年08月09日

ブッククロッシング日本縦断チャレンジ 愛知県クリア

ブッククロッシングの日本縦断チャレンジ、愛知県の本は榊こつぶさんの『美味しい名古屋を食べに行こまい―絶品!名古屋メシ』(ニチブンコミックス)です。

美味しい名古屋を食べに行こまい―絶品!名古屋メシ (ニチブンコミックス) [コミック] / 榊 こつぶ (著); 日本文芸社 (刊)

スガキヤ・天むす・きしめんなど名古屋メシ満載の一冊です。もう、全部食べたい!
スガキヤって僕は鍋焼きうどんのイメージがすごく有ります。スガキヤと聞くと、反射的に♪寿がきや海老天鍋うど〜ん♪ ってメロディが浮かびます。今でも売ってるのかな?

台湾ラーメン、僕は辛いもの大好きだからこれは是非とも食べてみたいです。マンガを読むと、本場の台湾ラーメンはビックリするくらい辛くて、それなのに食べずにはいられないという美味しさらしいです。

エビフライの事をエビフリャアと言うって茶化したのはタモリじゃなかったかな。あと、大阪からケッタ(東海地方での自転車の呼び名です)だと1日かからないのが意外でした。これだったら神戸からでも自転車で行くのは無茶なチャレンジじゃなさそうです。まあ、実際に行こうとは思いませんが。
posted by 青木杉匡 at 17:20 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2012年07月19日

ブッククロッシングの隠れゾーンに行って来ました。

15日の日曜日に大阪NPOプラザに行って来ました。
PICT1010.JPG

ここは《ほんほん(本⇔本)バザール》という独自の書籍交換を行なっている場所です。公式サイトには登録されていない隠れゾーンと言ってもいいでしょう。実際、本棚には『ブッククロッシングをやっています』との貼り紙が有りました。
PICT1001.JPG
その本棚はロビーに設置されていて、管理する方はその辺りに見当たらず、交換は利用者の良心に任せているようでした。交換のルールは本2冊を持って行くと読みたい本1冊と交換できます。これだと、理論上は本が無くならずに、どんどん増えていくことになる。ゾーンを開設している人の悩みに「持っていく人ばかりで、本が集まらない」というものがあります。(本⇔本)バザールのルールはこういう悩みの参考の一つになるんじゃないかと思います。

僕が用意したBC本がコチラ。坊主じゃない松本さんが懐かしい。
PICT1003.JPG

6冊なので3冊と交換です。
PICT1009.JPG

♪ジョナサン 音速の壁に ジョナサン きりもみする♪
1冊目はリチャード・バックの『かもめのジョナサン』。ハイロウズの「十四才」をBGMにして、何度でも読みたい一冊。

2冊目は東野圭吾の『放課後』。乱歩賞を受賞した彼の原点です。3冊目は恒川 光太郎の『夜市』。カバーのデザインが良かったので手に取りました。何時でも本が有るとは限らないですが、お近くの方は一度行ってみてもいいんじゃないかと思います。
posted by 青木杉匡 at 17:59 | 兵庫 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2012年07月09日

ブッククロッシング日本縦断チャレンジ 京都と岩手をクリア

ブッククロッシングの日本縦断チャレンジ、2府県をクリアしました。

京都府は森見登美彦さんの『夜は短し歩けよ乙女』。何度も読み返す、僕の大好きな作品です。典型的な〈Boy Meets Girl〉の物語ですが、出てくるキャラクターが皆、面白くて一気に読んでしまいます。僕は下鴨神社の下鴨納涼古本まつりの場面が特に好きで、むせ返るような暑さと古本の匂いが本から湧き出てきそうな気がします。文庫の羽海野チカさんのとても可愛いイラストは一見の価値有りです。

岩手県はまちの編集室さんが出しているタウン誌『てくり 15号 写真と街と。』です。写真を愛する盛岡の人達が沢山出てきます。僕が思い違いしていなければ、ヴィッセル神戸の本拠地のホームズスタジアム神戸で、この中で紹介されている「復興の狼煙」ポスターを見たことがあります。シンプルだけど確かにメッセージが伝わってくるデザインが印象深いポスターでした。

福島県以外の被災地の状況がなかなか報道されないので、岩手の現状が分からないんですが、着実に復興しているのかなとこの冊子を読んで感じました。
posted by 青木杉匡 at 17:57 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2012年07月02日

ブッククロッシング日本縦断チャレンジ7月

ブッククロッシングのゲームで、各地が舞台になっている小説やエッセイを読んでいく「日本縦断チャレンジ」初級をクリアしました。初級、最後の本は高知県が舞台の坂東眞砂子さんの『死国』を選びました。

僕は、ホラーにありがちな、『助かったと思ったら実は…』というパターンはもう飽き飽きしています。この『死国』もこのパターンを踏襲したものでした。四国が死者の国『死国』という発想は面白かったんですが、その割には死者が出てくるのが少ない。もっと混乱させたほうが面白かったかも。

最近は本を読んでいるようで全然読んでません。ブッククロッサーさんから送って頂いた本もどんどん溜まっています。「未読は身毒」と言ったのは筒井康隆だったかな。積読って結構ストレスになります。中級は、それらの本から始めよう。

次は中級(7地方からそれぞれ2冊づつ読む。年間読書ゴールは14冊)にアップグレイドして挑戦続行です。

2012年2月22日 初級チャレンジ宣言
2012年7月2日 初級クリア!
2012年7月2日 中級チャレンジにアップグレイド

2012年7月2日現在で
●北海道+東北 2冊読破
 北海道 辻仁成『海峡の光』 2012年2月25日読了 花井がすごく不気味
 山形県 百瀬しのぶ『おくりびと』 2012年5月24日読了 納棺師があれほど忌み嫌われることが不思議でした

●関東 2冊読破
東京都 ヒキタクニオ『凶気の桜』 2012年3月1日読了 よく考えたら前にも読んだ本だった
埼玉県 萩尾望都『山へ行く』 2012年4月15日読了 ポワンとした世界観が面白い

●中部 1冊読破
三重県 椎名誠『わしらは怪しい探検隊』 2012年4月26日読了。 蚊取線香の印象が強烈

●近畿 1冊読破
兵庫県 『神戸在住7巻』木村紺  悲しいお別れが胸に突き刺さります
大阪府 『サナギ』なだぎ武 2012年5月8日読了。 学生時代をもっと描いてほしい

●四国 1冊読破
高知県 『死国』坂東眞砂子 2012年7月2日読了。石槌山の情景がわかりにくかった。クライマックスなのに。
 
●中国  3冊読破!
岡山県 『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子 2012年3月19日読了
      『暮らしき四号』読了。イギリスの公園に故人の思い出を込めたベンチを寄付するという記事がとても印象に残った。
        
広島県 『夕凪の街 桜の国』こうの史代 2012年3月11日読了 
橋の上で微笑む二人がとにかく美しいです

●九州  1冊読破!
大分県 『美味しんぼ71巻 日本全県味巡り大分編』雁屋哲・花咲アキラ 2012年4月30日読了。地酒も取り上げて欲しかった 
posted by 青木杉匡 at 18:22 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2012年04月20日

ブッククロッシング 日本縦断2012経過報告その2

いろいろやる事があるのにスムーズに行かなかったり、ストレスの為か口唇ヘルペスが出来たり、低血糖症状や花粉症や歯周病が出たりして訳が分からない日々が続いています。それに加えて最近いろんな本を読み散らかして、ますます訳が分からなくなってきたので日本縦断2012の整理をします。

日本縦断2012というのはブッククロッシングでの読書企画のひとつで、読書をして日本を旅行してしまおうという企画です。

僕の今の状況は、日本を7つの地域にわけて各地域から1冊ずつ本を読む初級編にチャレンジ中。

@北海道+東北 1冊 読破!
【北海道】『海峡の光』辻仁成 2012年2月25日読了
 寒々とした北の海の描写が心に残りました。
 
候補本【山形県】『おくりびと』百瀬しのぶ
    言わずと知れた映画のノベライズ本です。手元に有るのでそのうち読みます。 

A関東 2冊読破! 
【東京】『凶気の桜』ヒキタクニオ 2012年3月1日読了
    よく考えたら前にも読んだ本でした。暴力団って人を殺すのをなんとも思わないのかな。

【埼玉県】『山へ行く』萩尾望都 2012年4月15日 読了
  zyasiminnteaさん のワイルドリリースで入手しました。同じキャラクターが別の作品にも出てくるのが面白かった。おまけに付いていたアルフォンス・ミュシャの絵葉書も素敵でした。zyasiminnteaさん、ありがとうございました。

候補本【茨城県】『下妻物語』嶽本野ばら

B中部 1冊読書中!
【三重県】『わしらは怪しい探検隊』椎名誠
 テキサス在住のimuzak12さんからRABCK(RABCKとは、Random Act of BookCrossing Kindness の略で、他のブッククロッサーに“ランダム”で、“100%送料持ち”で送ってあげるというもの)で頂いた作品。この人の文体が僕の感性に合わないのか、なかなかリズムに乗れず飛ばし読み状態です。

C近畿 1冊読破!
【兵庫県】『神戸在住7巻』木村紺  ?月?日読了
 神戸在住の僕にとって見慣れた風景が満載です。モトコー1番街に日和さんのお店を探しに行きたくなりました。

  候補本【大阪府】『プリンセス・トヨトミ』万城目学
     【大阪府】『銀二貫』高田郁
     【京都府】『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦
     【兵庫県】『少年H』妹尾河童

D中国  2冊読破!1冊読書中!
  【岡山県】『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子
        2012年3月19日読了
        『暮らしき四号』読書中。これもzyasiminnteaさんのワイルドリリースで入手。倉敷市のタウン情報誌で、暇な時にパラパラめくって楽しんでいます。
        
  【広島】『夕凪の街 桜の国』こうの史代 2012年3月11日読了
   zyasiminnteaさんが推薦していた本です。ヒロシマで起きた小さな恋の物語。「夕凪の街」の最後に書かれていましたが、この物語は終わりません。ずっとずっと続いていくのです。多分、永遠に。

E四国 0冊
候補本【高知県】『死国』坂東眞砂子

F九州・沖縄 0冊
候補本【大分県】『美味しんぼ71巻 日本全県味巡り大分編』作・雁屋哲 画・花咲アキラ

ブッククロッシング マイページ http://www.bookcrossing.com/mybookshelf/yaroujidai/
ツイッターハッシュダグ #Bookcrossing_jp  #日本縦断2012

ブッククロッシングに日本語フォーラムが開設されたのに伴い、新しい日本縦断2012チャレンジフォーラムが出来ました。 http://www.bookcrossing.com/forum/35/475792 です。この記事を読んで興味を持たれたブッククロッサーさんは是非参加して私達と一緒に楽しみましょう。またブッククロッシングに登録されていない方も、ツイッターで #日本縦断2012 を付けて各地方の本の感想をつぶやいてもらえると嬉しいです。

それにしてもこうして見ると、zyasiminnteaさんの影響がほんと大きいなあ。

posted by 青木杉匡 at 18:18 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2012年03月22日

海外からブッククロッシングの本が届きました。

imuzak12さんから、ブッククロッシングの日本語フォーラム後援RABCKの本が届きました。海外から日本の本が届くのはとても不思議な気がします。僕はこれまでリリースしかしてなかったので、誰かからの本を受け取るのは実は初めてです。ラベルの貼り方やIDの書き方などいろいろ参考になりました。

BC 001.jpg

その上、キーホルダーや絵葉書まで頂きました。絵葉書は僕の趣味の一つ、ポストクロッシングに使ってもいいか、なんてヨコシマな考えも浮かんだんですが、記念に取っておくことにします。そういえば震災以降ポスクロも遠ざかってるなあ。なんか絵葉書出す気分じゃなかったからなあ。また再開してみようかな。

頂いた作品は赤川次郎さんの『まっしろな窓』と椎名誠さんの『わしらは怪しい探検隊』の2冊。『わしら』のほうは三重県の神島を探検する話らしく、imuzak12さんが日本縦断チャレンジで利用して欲しいとの事だったので、この作品を中部地方の候補にします。

紙ってかなり匂いを吸うものらしく、古本を買うと時々すごく煙草臭い本があります。僕は煙草の匂いが苦手なので、こういう本はすこし敬遠してしまいます。今回頂いた本を開いてみると香水の香りがしました。

本の匂いで今まで持っていた人の暮らしを想像出来るのも古本の良さなのかも。でもそのうち、こんな匂いも薄らいで僕の匂いに変わっていくんだろうな。この次にこの本を受け取った人はどんな香りを嗅ぐんだろう?

ブッククロッシング マイページ http://www.bookcrossing.com/mybookshelf/yaroujidai/
ツイッターハッシュダグ #Bookcrossing_jp
posted by 青木杉匡 at 17:49 | 兵庫 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

2012年03月16日

ブッククロッシング 日本縦断2012経過報告

ブッククロッシングでの読書企画のひとつ、日本縦断2012ですがボチボチと進んでいます。ここで記録のために経過を書いておきます。ちなみに以下の文章は同じく日本縦断2012にチャレンジ中のジャスミンティーさんのブログ『ごーいんに MY WAY』を参考にさせて頂きました。

僕の今の状況は、日本を7つの地域にわけて各地域から1冊ずつ本を読む初級編にチャレンジ注。

@北海道+東北 1冊 読破!
【北海道】『海峡の光』辻仁成 2012年2月25日読了
 寒々とした北の海の描写が心に残りました。
 
候補本【山形県】『おくりびと』百瀬しのぶ
言わずと知れた映画のノベライズ本です。手元に有るのでそのうち読みます。 

A関東 1冊読破! 
【東京】『凶気の桜』ヒキタクニオ 2012年3月1日読了
 よく考えたら前にも読んだ本でした。暴力団って人を殺すのをなんとも思わないのかな。

候補本【茨城県】『下妻物語』嶽本野ばら
表紙は映画主演のふたり。僕の中では、土屋アンナは昔っからこのヤンキーのイメージ。

B中部 0冊 

C近畿 0冊 
  候補本【大阪府】『プリンセス・トヨトミ』万城目学
     【大阪府】『銀二貫』高田郁
     【京都府】『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦
     【兵庫県】『少年H』妹尾河童
     【兵庫県】『神戸在住』木村紺
候補だけは沢山あります。 

D中国  1冊読破!
  【岡山県】『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子 現在読書中!
        土着的なオドロオドロした雰囲気が夢野久作みたい。        

  【広島】『夕凪の街 桜の国』こうの史代 2012年3月11日読了
   ジャスミンティーさんが推薦していた本で、ブックオフで探し出しました。薄い漫画なのでサクっと読めます。その内容はページ数に反してかなり重かったです。かつて、ヒロシマで起きた悲劇を日本人なら知っておくべきだと思います。過酷で悲しいストーリーですが、温かな読後感は、スクリーントーンを使わず、すべて手描きの柔らかい絵柄に拠るところが大きいです。
  
E四国 0冊
候補本【高知県】『死国』坂東眞砂子
    これも手元にある。栗山千明の表紙が印象的。

F九州・沖縄 0冊

ブッククロッシング マイページ http://www.bookcrossing.com/mybookshelf/yaroujidai/
ツイッターハッシュダグ #Bookcrossing_jp  #日本縦断2012

参加フォーラムは http://www.bookcrossing.com/forum/6/473052 です。この記事を読んで興味を持たれたブッククロッサーさんは是非参加して私達と一緒に楽しみましょう。またブッククロッシングに登録されていない方も、ツイッターで #日本縦断2012 を付けて各地方の本の感想をつぶやいてもらえると嬉しいです。

続きはこちら
posted by 青木杉匡 at 09:30 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。