2015年10月27日

つばめ文庫にブッククロッシング・リリース。

阪急電鉄の『ブログdeヴァーチャル駅長2015』を読んでいたら、ななさんの「本も珈琲も無料だなんて凄すぎる〜(*'ω'*)」という記事を見つけました。

どうやら宝塚に、好きな本を無料で持ち帰る事が出来る本棚があるみたいです。記事を見つけて、ずっと気になっていたんですが、なかなか時間が取れずにいました。そのうち、モヤモヤした気持ちが溜まってきたので、思い切って24日に少し無理して、何処かにワイルドリリースしよう思っていたブッククッシングの本を持って阪急逆瀬川駅に行ってきました。

逆瀬川駅から少し歩いたところにある宝塚市立勤労市民センターの一階に、その本棚は有ります。
2015-10-24-144603.jpg

説明を読むと「つばめ文庫」と呼ぶ本棚らしい。
2015-10-24-144547.jpg

結構な数の本が並んでいました。本を持って帰る人ばかりだと、すぐに本が無くなってしまう。ブッククロッシングのゾーンでも、そんな悩みで閉鎖される本棚が多かったのですが、この「つばめ文庫」は今のところ上手く回っているようです。

僕も、ここに数冊の本を置いてきました。しばらく留まったままのブッククロッシング本も有ったので、重い荷物を降ろしたようでホッとしました。ここで誰かの手に渡ってくれれば良いんですが、利用状況が分からないので何とも言えません。
2015-10-24-144159.jpg
2015-10-24-143835.jpg
2015-10-24-143130.jpg

写真を撮っていると受付の方が来られて、「つばめ文庫にある本の紹介が載っているからどうですか?」とメルマガの登録を勧められました。登録して送られたメルマガを見ると、つばめ文庫自体の記述は少なかったんですが、内容は盛り沢山でした。そのうち僕の本が取り上げられる日が来たらいいなあ。

また機会が有れば、本を持ってお邪魔しようと思います。
posted by 青木杉匡 at 13:16 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック