2015年02月15日

ジオキャッシング 手塚治虫と忌野清志郎その1

11日の建国記念の日に宝塚にある手塚治虫記念館に行ってきました。というのも、いま特別展示で忌野清志郎展をやっているからなんです。清志郎さんのファンである僕は「これは行かなくては」と思い、特別入館券が付いた『少年マルス』のCDを早々に購入して楽しみにしていました。

母の入院が重なったり僕の体調不良などでなかなか行けなかったんですが、このままじゃ終わってしまうと慌てて阪急電車で宝塚にやってきました。阪急宝塚駅までの阪急今津線は有川浩さんの小説『阪急電車』の舞台になった路線です。僕もこの小説読んだんですが、あまり記憶に残っていません。また読み直そうかな。

2015-02-11-093715.jpg

その宝塚駅を出たところにあるキャッシュが《SORIO》。電話ボックスはキャッシュの隠し場所としてポピュラーですが、中に入る必要がないものは珍しいかも。Eureka!TFTC!

武庫川を挟んで両側にキャッシュが有るんですが、北側のキャッシュが以前ラジオ番組のウォークラリーで訪れた事が有るので、今回は宝来橋を渡って南側のキャッシュ探索です。

その宝来橋南詰にある与謝野晶子の歌碑に隠されたキャッシュが《Horai-Bashi bridge》。「黒い」と感想を書いていた方もいて、なかなか分かりません。僕はこんな時は人目が気になるヘタレなので、すぐに諦めて、次の場所に向かいます。NOT FOUND.

武庫川沿いに東へ歩けば次のキャッシュ《On the way to the TAKARAZUKA HOT SPRING》。
こちらもジオキャッシャーにはお馴染みの隠し場所です。Eureka!

2015-02-11-101419.jpg

次のキャッシュは《N 34° 48.351 E 135° 20.708》。キャッシュの座標がそのまま名前になっているものは珍しいと思うんですが、どうでしょう?

2014年の10月から訪問者がいないので『まだ有るんかなあ』と少し不安だったんですが、今でも頑張って張り付いておりました。Eureka!これ、キャッシュが丸見えなのに、よく残っているなあ。
posted by 青木杉匡 at 14:54 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ジオキャッシング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414099323

この記事へのトラックバック