2013年08月30日

『日本人が「世界で戦う」ために必要な話し方』

レビュープラスさんでレビュアーに選ばれました。今回の書籍は北山公一さんの『日本人が「世界で戦う」ために必要な話し方』(日本実業出版社)です。



amazonの書籍紹介を見てみると作者の北山さんは《日本の金融機関を経て、ヨーロッパ系のグローバル企業で15年間マネジャーとして活躍してきた人物》だそうです。その15年間で培ってきたコミュニケーション・ルールを詳しく解説したものが本書になります。

タイトルには《「世界で戦う」ために》とあるため、大抵の人は「自分には関係ないや」と手に取らない人が出てくる事が予想されるんですが、国内企業や個人店舗などでも、私が正にそうですが、応用できるテクニックが沢山紹介されているので、実践で役に立つ読書が出来ると思います。

第一章では世界標準の話し方として【多様性・リスペクト・リアクション・理由・主張・二者択一・自立 】の7項目の基本ルールが紹介されます。これを私の小さな社会に変換して読み進めました。例えば多様性。作者は「お互いが異なる常識を持った多様性のある人間である」と言っています。

『海外では人種・宗教・政治など、日本人とは全く別の常識を持つビジネスパートナーとのコミニュケーションが多々あると思うけど、日本企業だったら、性別や出身地がそれに当てはまるなあ』と、どうしたら自分の世界に引きこむ事が出来るかを考えながら読んでいくと、より面白く読むことができると思います。

第2章・第3章は正直に言えば、個人商店の私には使う場がないテクニックが多かったです。上司や部下とどう付き合うか、組織の中でどう能力をが発揮するのか。エレベータ内の30秒の使い方など、想像は出来るけど、あくまで別世界の話でした。

第5章はメールと電話の使い方に関する紹介です。これが私にとって意外と役に立つ内容が多く書かれていました。

私は個人の趣味として、本の交換を行う《ブッククロッシング》、GPSを利用した宝探し《ジオキャッシング》を楽しんでいます。

いずれも海外のサイトで、英語でメールのやり取りやフォーラムの書き込みをしてコミュニケーションをとっています。章内で英文メールの定型文例が紹介されていて、これを基に自分がよく使う文章を組み合わせれば十分に活用できると思いました。また「メールで不用意に議論しない」「I am sorryを安易に使わない」など実体験に基づいたタブーは、大変勉強になりました。

繰り返しになりますが、タイトルだけで敬遠しないで読んでもらいたい一冊です。



レビュープラス
posted by 青木杉匡 at 16:39 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373479068

この記事へのトラックバック