2012年12月19日

ブッククロッシング日本縦断チャレンジ上級クリア!『共喰い』

大袈裟に言えば、今年の生きる糧の一つにしていたブッククロッシング「日本縦断チャレンジ」ですが、ようやく上級(7地方からそれぞれ3冊づつ読む)をクリアしました。

最後に残っていた中国地方の作品は山口県の下関出身、田中慎弥さんの『共喰い』を選びました。この作品で第146回芥川賞を受賞して、その際の受賞インタビューが話題になった事は記憶に新しいと思います。そのインタビューが強烈だったので「変わった人」というイメージがあったのですが、この作品と文藝春秋のインタビューを読むと、とてもオーソドックスな小説だったし、すごく真摯な方なんだと考えを改めました。

その『共喰い』の内容ですが、陰鬱になるくらいの濃密な情景描写が素晴らしいと思いました。紙の中から血や精液、体臭や魚、腐ったような濁り水の匂いが文章からプンプンと臭ってくるようでした。この作品が映画化されるそうですが、この世界観を映像化する事は難しいんじゃないかと思います。なんか侘しい雰囲気だけの映画になりそうで…

タイトルの『共喰い』の意味をずっと考えているんですが、僕としては父親の円と主人公の遠馬との関係を表しているのかなと考えました。幼い頃にお父さんを亡くされた田中さんが持っている父親像が円なんでしょうか?

2012年12月19日現在で
●北海道+東北 3冊読破
北海道 辻仁成『海峡の光』 2012年2月25日読了 花井がすごく不気味
山形県 百瀬しのぶ『おくりびと』 2012年5月24日読了 納棺師があれほど忌み嫌われることが不思議でした
 岩手県 まちの編集室『てくり15号 写真と街と。』 2012年7月9日読了 「復興の狼煙」ポスターは阪神大震災の被災者として強いシンパシーを抱きました 

●関東 3冊読破
東京都 ヒキタクニオ『凶気の桜』 2012年3月1日読了 よく考えたら前にも読んだ本だった
埼玉県 萩尾望都『山へ行く』 2012年4月15日読了 ポワンとした世界観が面白い
静岡県 さくらももこ『ちびまる子ちゃん―わたしの好きな歌』 2012年10月10日読了 これは実際に映画で見たいです

●中部 3冊読破
三重県 椎名誠『わしらは怪しい探検隊』 2012年4月26日読了 蚊取線香の印象が強烈
愛知県 榊こつぶ『美味しい名古屋を食べに行こまい』2012年8月9日読了 台湾ラーメン、食べたい!
富山県 青木新門『納棺夫日記 増補改訂版』2012年11月1日読了 僕は、死体に湧いた蛆虫に生命の光を見る青木さんの境地には到底達しないだろうな 

●近畿 3冊読破
兵庫県 『神戸在住7巻』木村紺  悲しいお別れが胸に突き刺さります
大阪府 『サナギ』なだぎ武 2012年5月8日読了。 学生時代をもっと描いてほしい
京都府 『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦 何度も読み返す大好きな作品です。いつも心が暖かくなります

●四国 3冊読破
高知県 『死国』坂東眞砂子 2012年7月2日読了。石槌山の情景がわかりにくかった。クライマックスなのに。
徳島県『あわわ2012年4月号』あわわ編集部 2012年8月16日読了。徳島ラーメン食べたい!「金ちゃんラーメン」は徳島ラーメンの味がするのか?
香川県『八日目の蝉』角田光代 2012年12月11日読了。ハッピーエンドとは言えないけど、かすかな希望を抱かせるラストにじんわり感動しました。 
 
●中国  3冊読破
岡山県 『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子 2012年3月19日読了
      『暮らしき四号』読了。イギリスの公園に故人の思い出を込めたベンチを寄付するという記事がとても印象に残った。        
広島県 『夕凪の街 桜の国』こうの史代 2012年3月11日読了 橋の上で微笑む二人がとにかく美しいです。
山口県 『共喰い』田中慎弥 2012年12月18日読了 むせ返るような血や精液、魚や水の匂いが文章から臭ってくるようでした

●九州+沖縄  3冊読破!
大分県 『美味しんぼ71巻 日本全県味巡り大分編』雁屋哲・花咲アキラ 2012年4月30日読了。 
福岡県 『博多学』岩中祥史 2012年9月15日読了。部外者が資料のコピペを羅列しただけの印象。なぜ福岡県の人が書かなかったんだろう?
長崎県 『ペコロスの母に会いに行く』岡野雄一 2012年11月7日読了。この家族の事をもっともっと知りたいと思いました。

これで僕の「日本縦断チャレンジ」は終わりじゃありません。この次は各都道府県からそれぞれ1冊づつ読む特級にレベルアップして続けていきます。もし、自分でもチャレンジしてみたいと思ったら、ブッククロッシングの《日本縦断2012チャレンジ:ルールと進行経過》を参考にしてください。2012と書いているけど何年かかっても全然構わないと思う。読書量や到達スピードを競いあうレースじゃないので、気負わずに自分のペースで続けていくことがコツですよ。
posted by 青木杉匡 at 17:29 | 兵庫 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | ブッククロッシング
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
Posted by 株の買い方 at 2013年01月25日 15:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック