2012年11月18日

伊丹市立図書館『ことば蔵』でブッククロッシング

伊丹市に新設された図書館『ことば蔵』に行って来ました。以前ジオキャッシングの途中で見かけて、すごく気になっていた図書館です。

この『ことば蔵』は読書にまつわるイベントを行ったり、ファンジンを紹介するコーナーを作ったりと今までの図書館とはガラっと雰囲気が違う新感覚の図書館です。図書館好きの僕はネットで調べてから、ずっと行きたかった場所です。今回やっとその願いが叶い、来館することができました。

PICT1236.JPG

僕は神戸市民なので、残念ながら伊丹市では本の貸し出し手続きは出来ません。一番の目的は「カエボン」です。「カエボン」の簡単な説明をすると、1階のフロアに小さな本棚があり、そこには自分のお薦めする本に推薦コメントを書いた帯を巻いて置くことができます。代わりに自分の持ってきた冊数だけ本を持ち帰ることが出来る、本の交換システムです。これなら神戸市民の僕が利用しても問題はないかと思います。

で、この交換する本にブッククロッシング登録本を持って行きました。「カエボン」にブッククロッシングに登録された本を選んでも良いのか?IDを書いたステッカー等を貼ってある本でも構わないのか?いろいろ疑問はあったんですが、取り敢えず推薦文を書いて帯を巻き、受付に持って行きました。

PICT1230.JPG

受付では、スタンプを押す事と裏の見返しに感想カードを貼り付けることを説明されただけで、特に何も言われませんでした。でも、どうだろう?気づかなかっただけで、後で問題になっていたらどうしよう。僕は関西弁で言うところの「気にしい」なので、いろいろ考えてしまいます。もし『ことば蔵』の関係者さんがこのブログを見ていたら、そのあたりの詳しいルールを教えてくれませんか?

取り敢えず、代わりの本を貰って来ました。
PICT1238.JPG

6冊持って行って、なぜ7冊もらっているのかといえば、
PICT1239.JPG
日本でも有名な絵本『ぼくを探しに』は原書と倉橋由美子さんの日本語訳は2冊セットになっていたからです。

原書の帯にはこう書かれていました。《単語を調べなくても読めます。アタシが調べました》
PICT1241.JPG

「アタシが調べました」? どういう意味なのかと思ってページを開くと
PICT1243.JPG
アタシさんの直筆で難しい単語の訳が付箋に書いてものが貼ってくれていました。これを見て、すっごく感動しました!これも本を通しての出会い、ブッククロッシングです。

この「カエボン」は読み終えたら感想を書いて、またカエボンの棚に戻すことが決まりだそうです。積読が増えてきて、「カエボン」を読むのが何時になるのかわかりませんが、また必ず『ことば蔵』に足を運びたいと思います。
posted by 青木杉匡 at 17:35 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック