2012年07月09日

ブッククロッシング日本縦断チャレンジ 京都と岩手をクリア

ブッククロッシングの日本縦断チャレンジ、2府県をクリアしました。

京都府は森見登美彦さんの『夜は短し歩けよ乙女』。何度も読み返す、僕の大好きな作品です。典型的な〈Boy Meets Girl〉の物語ですが、出てくるキャラクターが皆、面白くて一気に読んでしまいます。僕は下鴨神社の下鴨納涼古本まつりの場面が特に好きで、むせ返るような暑さと古本の匂いが本から湧き出てきそうな気がします。文庫の羽海野チカさんのとても可愛いイラストは一見の価値有りです。

岩手県はまちの編集室さんが出しているタウン誌『てくり 15号 写真と街と。』です。写真を愛する盛岡の人達が沢山出てきます。僕が思い違いしていなければ、ヴィッセル神戸の本拠地のホームズスタジアム神戸で、この中で紹介されている「復興の狼煙」ポスターを見たことがあります。シンプルだけど確かにメッセージが伝わってくるデザインが印象深いポスターでした。

福島県以外の被災地の状況がなかなか報道されないので、岩手の現状が分からないんですが、着実に復興しているのかなとこの冊子を読んで感じました。
posted by 青木杉匡 at 17:57 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブッククロッシング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/279929013

この記事へのトラックバック