2012年06月28日

栞がテーマ。《WISH MARK》で被災地の子供たちに読書の喜びを

昨日、本屋へ行ってWISH MARKを買って来ました。WISH MARKとは、出版文化産業振興財団が販売している栞です。この栞はただの栞ではなく、この商品の売り上げから必要経費を除いた収益全額が、被災地の子供たちのための読書支援活動に使われる、新しい形の被災地支援プロジェクトです。3枚の栞と短冊、封筒が入って値段は税込で315円です。

去年からスタートしていたのは知っていましたが、僕が気付いた時には神戸の書店では欲しい栞は売り切れていました。今年はそんな事がないように公式ツイッターをフォローして情報のチェックをしていました。

今年の栞のデザインは『ドラえもん』『こんとあき』『ワンピース』『涼宮ハルヒ』『はじめの一歩』の5種類。何故か今年は作家やタレントの参加は有りませんでした。この中では一番馴染みがあったので、僕は『ドラえもん』を選びました。

wish mark 005.JPG

栞の裏にはドラえもんの名言が書かれています。また、同封されている短冊に自分の願い事を書いて、返信封筒で送ると仙台の七夕まつりに展示してもらえます。ただ、どこの書店でも買えるものではなく、取扱い書店が限られているのが欠点です。

僕はかつてホワイトバンドで失敗しているので、募金したらそれで終わりじゃ無く、このお金が有効に使われることをずっと注目していきたいと思います。

興味が湧いた方は下のリンクバナーをクリックしてみてください。
願いを、書こう。書店からはじまる新しい寄付プロジェクト WISH MARK SINCE 2011.8.6
posted by 青木杉匡 at 17:08 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 栞がテーマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277809505

この記事へのトラックバック