2006年08月07日

夏が来て僕等

暑くなると必ず聴きたくなる真島昌利の『夏のぬけがら』。

僕はたぶん死ぬまでこのアルバムを夏が来るたび聴き続ける。

posted by 青木杉匡 at 18:14 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あなたの一日に、音楽をほんの少し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック