2011年02月24日

NZ地震の報道は見ていてイライラする

もっと時間を割いてもいいはずなのに、ニュージーランドの地震の報道ってなんでこんなに少ないんだろう?所詮は対岸の火事って事なのかな?

前原外相の対応も考え出すと腹がたつ。政府の専用機に被災者の家族を同乗させるって言っておいて、防衛省から、被災者家族の輸送は法的根拠が明確でないから断れたとか。そんなもん超法規的措置でなんとかならんの?

その事を知らずに、政府専用機に乗るためのバスの集合場所に被災者の保護者の方がずっと待っていたらしい。こう言うの聞くと本当に腹がたつ。

それと、国際救助隊の結団式なんていらんやん。そこで外務省の徳永久志政務官が言った言葉が「富山外国語専門学校の生徒など日本人が行方不明となり、大変深刻な状況にある。日ごろの鍛錬の成果と経験をフルに発揮して、迅速な救護活動に取り組んでほしい」やって。そんな事してる暇が有ったら一分一秒でもはやくニュージーランド行けよ。何が迅速だよ。

僕は政権交代が起こった時に、こんなものは無くなるんじゃないかと少しだけ期待していたんだけど、やっぱりどの政党も同じなんやね。この国の政治ってホント人を不幸にしかしないな。

posted by 青木杉匡 at 18:15 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 君にだけわかる言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187578263

この記事へのトラックバック

武器輸出三原則を見直し国益守れ?戦争へのマネーウォーズか!
Excerpt:  北沢防衛相は20日午前、沖縄県の仲井真弘多知事と県庁で会談し、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)所属のF15戦闘機による訓練の一部について、日米両政府が同日の日米合同委員会で、米領グアムへ移.....
Weblog: 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
Tracked: 2011-03-26 16:30