2010年11月02日

生きる事をあきらめてしまわぬように

ワーナーミュージック・ジャパン創立40周年記念ライブでの山下達郎さんのメッセージをスポーツ紙を読みました。

「歌は人を幸せにするためにある。でも本当の悲しみの前では、ほんのちっぽけなものにしかなりません。曲の文句にもあるように、夢は必ず叶うものではありません。それでも、決して命を放棄してはいけません」

この日のライブは創立40周年を記念するライブであると同時に、自ら命を絶ってしまったワーナーミュージック・ジャパンの吉田敬社長に捧げるライブだったようです。

僕も達郎さんと同じく、歌は人を幸せにする事が出来ると信じてます。そして人を幸せにする為に有ってほしい。決して金儲けのツールだったり売名行為に使われるものじゃなくて。

これからも僕は生きる事を諦めてしまわぬように音楽を聴くと思う。

歌は「ほんのちっぽけなもの」かもしれないけど、それでも歌は、僕をこの世に引き留める大事な「ほんのちっぽけなもの」です。
posted by 青木杉匡 at 16:44 | 兵庫 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | あなたの一日に、音楽をほんの少し
この記事へのコメント
ライブって…なんだろう…?
Posted by BlogPetのうさうさ at 2010年11月03日 15:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168043240

この記事へのトラックバック