2006年03月03日

平松愛理『しあわせになろうよ』

平松愛理のサイン入り本『しあわせになろうよ』が当たりました。

IMG_0328.jpg

平松さんのサインは読みやすいほうだと思う。ローマ字で「Eri Hiramatu」とあって、なんとなく漢字で「平松」と書いてるんだろうなと推察できるから。(間違ってたらごめんなさい)

なかには全く読めないサインもあるけど、あれってもらった人は嬉しいのかな?

内容はPHP研究所がよく出版する「心が元気になることば」みたいなのをイラストつきで綴ったもの。こういうタイプの本を毛嫌いする人もいるけど、僕はそんなに嫌いじゃない。

大きな病気を克服した平松さんの言葉には、よくあるタレント本にはない説得力を感じます。

平松さんには同じ神戸の人間だということでシンパシーを感じますし、1月17日に神戸でライブを続けている姿を見るとただただ敬服します。

posted by 青木杉匡 at 18:08 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14092936

この記事へのトラックバック