2009年06月09日

自慰中に死亡って一体どういう事?

「キル・ビル」にも出演されていた米俳優のデヴィッド・キャラダインさんがホテルで死亡しているのが発見されたんですが、どうやら自慰行為中に誤って死亡したらしいとタイの地元警察当局が発表しました。

僕も興味があったんで記事を読んだんですが、どうにもよく分かりません。

発表によると『遺体には首と性器にそれぞれロープが巻きつけられており、2本のロープは結び合わされてクローゼットの中に吊るされた状態』で亡くなっていたそうですが、この状態でどうやって自慰をするんでしょう?

これを読むと、クローゼットのパイプにロープを引っかけた人間ハンモックを想像するんですが、そうなると性器に荷重が掛かって滅茶苦茶痛いんじゃないかと心配します。

それに性器にロープを巻くと言ってもペニスだけなのか、睾丸も一緒に巻くのか(うわ、痛い痛い)。

世の中には痛みが快感に感じる人もいるそうだし、性の有り方なんて他人がとやかく言うものじゃない。でも、死んだらお終いですよ。特に首にロープを巻くなんて、それこそ自殺行為としか思えません。

posted by 青木杉匡 at 17:41 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 君にだけわかる言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック